目標の働き方

目標の働き方

俺もなんとなく目標のライフスタイルが見えてきた感じはします。

週7日のうち、3日は派遣やバイトなどをして、残りの4日は自分自身で収入を得ていくスタイルを目標に、今の派遣の仕事をしながら準備をしていこうと思う。とりあえず今の時点では、週5日派遣の仕事をやり、週2日自分で収入を得ていくビジネスを構築していきます。

俺のこれからの人生に、正社員としてがむしゃらに働くというスタイルはもう消滅しているし、派遣や非正規でそれ一筋で働いても将来の保証なんてものはない。要は収入が少なくても、継続的に収入を得ていく仕組みは今のうちから作っておかなければいけない。雇用されて働くことに集中していても、突然仕事を失えば次の日からは一銭もお金が入ってこない。自分で収入を得られていれば、そうなってもいくらかの収入は入ってくる。そして定年後も継続して自分で収入を得ていく仕組みを作っておけば、年金で足らない部分も多少は補える。

人によっては、1つの仕事を長く続けることが良しと言う人も多い。現に俺も面接を多くしてきたが、転職の多い俺を見てかなり辛口な言動で対応してくる面接官もいた。しかし俺はそれはそれでその人の考えで正しい対応だったと思う。俺は俺で何でもかんでも1つの仕事を続けることが正しいともなかなか思えない。状況によっては仕事は変えなければいけないとも思っているし、面接時、辛口な言動をしてくる会社では働く気は全く無い。

仕事を分散させることはリスクを分散させるとこで、収入を分散させることで一部の収入源が残っていれば、それで生活を繋ぎながら、新たな収入源を見つける時間を稼ぐことができる。そして肉体的にも仕事を分散させることで、特定の場所に負担をかけるのではなく、肉体全体に均等に負担をかける形にするので、心身の健康維持もできるだろう。どうしても肉体労働を長くやり続け、歳も取ってくれば腰も膝もやられるだろう。派遣や非正規は末端の重労働のルーチンワークしか業務がないので、仕事の分散化は必要でしょう。

何をするにしても、信用・誠意・前進という言葉を壊さないようにしたいね。