不満

意外と不満という気持ちを持つことは重要なのかもしれません。

不満という気持ちを持たなければ、そこから改善するという気持ちを持たないことで、それは成長もしていかないことを意味します。

今俺は派遣社員という形で働いているが、俺はそこで無理やり満足をする必要はまったくなく、逆に不満を持たなくてはいけない。要するに、今の俺の状況に満足してしまったら、永遠に派遣社員を繰り返すだけになります。それは、今の俺の中では一番良くないことだと感じている。

問題はその不満の解消の仕方にあります。今までの俺は突発的な行動で不満を解消しようとすることも多かったが、計画的に不満を解消することをしたほうが良い。そして、計画的に不満を解消することは、人生の中で多くしていったほうが良いだろう。そういう不満の解消の仕方なら失敗しても納得はいきます。

不満を上手に持つには、不満は表に出さない鉄の心を持つことで、当てつけのように周囲に不満をぶちまけるようなことは絶対にしない。不満を周囲にぶちまける人ってたまにいるが、そういう人は必ず自爆します。俺も今まではそうだったけどね。要は自分自身がその場にいられない状況を作ってしまうんですよ。どんな理不尽なことがあっても、冷静にそれを受け入れる。そういう心が、将来への挑戦のバネにもなるし、物事成功させるためには、そのくらいの我慢できる精神力が必要だろう。

そして、余計な不満を持たないようにする。他人がどうのこうのと考えてしまうと不満はどんどん膨れ上がるが、周囲にバカがいたら完全無視でOK! それ以上は何も考えなくて良いだろう。だいたい不満の原因の殆どは人間関係だと思う。

人間関係って俺が思うに、自分は人間関係はうまくやれてるぞと思っている人ほど、周囲から嫌われていると感じる。たまに勘違いしている人も見受けられる。周囲に気を使って人間関係って面倒くせーと思っている人は、人間関係って嫌だなーっと常に思っているだろう。周囲が気を使っていて、有頂天になっている奴がたまにいるが、あんなのは裸の王様みたいなもんだ。俺はそういうやつとは一切付き合わないし、媚も売らない。

不満は持つのは俺は良いことだと思う。しかし余計な不満は持たない。とくに人間関係の不満は超くだらないので、気に入らない奴は、スパッと縁を切れば良い。馬鹿な奴と付き合うと馬鹿が移ります。