コメントを開放します

このブログのコメントの表示は承認制でしたが、承認制は外しました。現在コメントを書き込んだら即表示されるようになってます。

ブログの方向性を考える上で、このブログは一体ジャンル的には何に属するのかと考えてみれば、間違いなくダメ人間日記ブログで、ダメ人間ブログというのは度々アンチコメント、批判コメントが来るわけだが、このブログはページの表示回数でも収益が変わってくることを考えると、そういうコメントも訪問者の気を引きアクセス数が増えるわけですよ。アクセス数が増えるということは、¥が発生することです。無料ブログだとこういう状況はなかなか作れないのだが、有料のWordPressブログだとこういうことができる。

昨年の10月あたりからYahooブログを離れ、レンタルサーバーと独自ドメインを契約してWordPressでブログを始めたが、昨年10月あたりにブログで稼いでいた報酬の約2、3ヶ月分を、今は1日で超えてしまいます。今もアフィリエイトのポイントを換金しました。それも今も徐々に報酬は増えていっている。

このブログはそもそも企業ブログ、商品紹介ブログではなく、底辺中年男の日記ブログなので、そんなに格好をつけなくても良いのかなと感じる。訪問者が好き勝手にコメントを書き込みできる、発言権を無条件で与えても面白いのかなと感じる。どんな思いを持った人でも、このブログに来てくれるだけで、俺にもメリットがあるわけで、逆に常時居座っているアンチなんて、普通の訪問者よりも¥の関係でメリットがある。

ホントに何かビジネスをしようとして、しっかりとしたブログを立ち上げたいのならば、また新たに真面目なブログを立ち上げれば良い。青空と現実はダメ人間日記ブログの道からは外れることはできないだろう。

有料ブログをしていると、ブログの方向性って結構考え込んでしまう。有料でブログをしているのだから、しっかりしたブログを作りたいってのはあるのだが、しっかりしたブログを作ってしまうと、青空と現実らしさがなくなってしまう。馬鹿な記事書いているから人が見に来るんだろうと思う。これで真面目な記事を書いていても人が来なくなるだろう。

ブログ上では自分のことを俺と書いているが、これもこのブログのイメージ作りで、僕とか私とか言ってたら、荒々しさがなくなるし、単純で馬鹿が売りの俺の存在が減退してしまう。遊び心がないとブログやっててもつまらないし、記事を書き続けるのはしんどくなる。

ブログを書く側も見る側も、好き勝手に書き込めるブログが良いのかなと感じる。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)