花粉症対策

今職場でも花粉症になっている人が多いです。俺は花粉症にはあまりなったことはない。度々花粉症かなと思う症状は出るものの、悪化はしてません。

しかしながら花粉症というものは、突然激しい症状が出ると言われています。今の職場の周囲には杉の木が多いので、俺も気を抜いていると花粉症の餌食になる可能性もあるだろう。

俺も花粉症予防を、本気で考えていかなくてはいけないのかなとも感じる。ネットで花粉症対策として、乳酸菌を取ると良いということがわかりました。そして乳酸菌の入ったヨーグルトは、花粉症には効果的だということです。しかし花粉症のために、毎日ヨーグルトを食うのも面倒だということで、サプリ的なものがないかネットで探していたところ、良さげなサプリを見つけました。

カルピス アレルケアというサプリメントです。花粉症に限らず、アレルギー症状も抑えてくれるみたいだ。とりあえず、俺も仕事中に花粉症で悩まされるのは嫌なので、これを試してみようと思う。先週の金曜日ちょっとだけ花粉症の症状が出ました。休憩時間、車の中で寝ていたら、突然涙目になって目が充血した。しばらくして治まったけど。今年は花粉だらけの場所で仕事をするので、結構ヤバいかもしれない。

サプリメントというと、昔はコラーゲンのサプリを取ってた時期もあります。その時は肌がツルッツルになりました。確かにサプリメントは効果があるだろう。とりあえず、花粉症が流行している間は、アレルケアを使ってみようと思う。1年中のこのサプリを使うつもりはないけどね。

鼻垂し〜の、涙流し〜のじゃ仕事にならねえからねw

    花粉症対策” に対して1件のコメントがあります。

    1. trends より:

      >とりあえず、桜の枝は切ったり、折ったりしてはいけないと。まあ、日本人は桜が弱る以前に木の枝を切るとか、ほとんどしないが、一部の外国人観光客が知らずにやってしまったというニュースがある。  「桜切るバカ、梅切らぬバカ」というやつですなぁ。 しかし、この桜の起源論争はいつまで続くのでしょうかね。ボクハモウツカレタヨパトラッシュ ソメイヨシノ同士を掛け合わせても種子が結実せず、人間が接木で増やしてやらないと自己増殖できない完全な園芸種だと言っているのに、済州島にはソメイヨシノが自生しているとかワケワカラン事を主張してくる。 お前らの言う済州島のソメイヨシノは王桜(エイシュウザクラ)だから、見た目は似ているけど遺伝的には別の品種だからと言っているのに、自分に都合の悪い事は認識できないとなれば、もう救いようがありません。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)