Logic Pro X購入断念!

Logic Pro X

Logic Pro Xの購入を検討していたが、購入はやめることにしました。

とにかく今はLogic Pro Xを購入しても、音楽制作をしている時間もないし、Logic Pro Xはプロ向けツールで、俺みたいな素人が趣味で扱うには難易度も高すぎるし、機能も使いきれないだろう。そして俺がLogic Pro Xで生み出した作品なんて、なんの利益にもならない。そのなんの利益にもならないということが、今の俺にとって必要がないという決断をさせた。いま俺はこうやってブログを書いているが、この行為は少なから最低限すずめの涙ほどの収入は生みます。運が良ければもっと収入は増えたりもする。だから今の俺には記事を書くことは利益になり、記事を書くことは今の俺には必要な行為になっている。楽曲を制作することは、俺にとって全く利益にならないので、時間を無駄使いしてしまう要因にもなるので、必要ではないというか購入してはいけない。

昨日、所有のMacBook Airを新規にリカバリーして、そこにLogic Pro Xの下位アプリのGarageBandをインストールして少しいじくってみたが、シンプルな操作でそこそこの曲が作れるので、素人で合間の時間でちょこっとDTMを楽しむのならば、GarageBandで事は済むのかなと感じる。GarageBandは今まであまり触ってはこなかった。しかし今触ると結構いいアプリだと感じる。

俺がDTMにハマってた頃は、Windowsのアプリで、シンガーソングライターというのをメインで使ってました。DTMをあまりやらなくなってからGarageBandをいじり始めたので、正直GarageBandの深い部分はあまり理解していない。

ちょっと空いた時間にちょこっとDTMを楽しむのならば、GarageBandくらいが丁度良いのだろう。Logic Pro Xになるとプロ向けになるので、操作もかなり複雑になってくる。今の俺にはその複雑さもちょっと抵抗がある。Logic Pro 9は所有しているが、現行MacOSのバージョンには対応しておらず、使えません。Logic Pro 9は多少使ったが、やはり複雑だなとは感じました。

GarageBandでDTMを楽しんで、本当にもっと楽しみたいと感じたらLogic Pro Xを購入すれば良いだろう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)