底辺労働者の結末

おそらく底辺労働者の結末は、悲惨な孤独死しかないだろう。

働き盛りにお金を稼ぐこともできなければ、結婚もできないし、老後のために貯蓄もできない。それを回避するためにはどうするべきか考えてみる。

底辺労働者は、素直で真面目ではダメだろうと思う。単純に言われたことを素直に聞き入れ、言われた通りのことをただやっていく。そこには全く成長はないし、将来に繋がらないんですよ。真面目がダメだからといって、不真面目が良いと言っているわけではありません。底辺労働者は常に今の状況に疑問を持ち、解決していこうとする気持ちを持っていなければいけないと感じる。

派遣社員をやっていて、将来が明るいとほざく奴なんて、10人中10人そんなことは言わないだろう。俺も派遣社員だが、今の仕事一筋で一生懸命やっても、全く将来に繋がらない。将来に繋がることを、なんでも良いから見つけていかなければならない。俺はネットで収入を得るということを見つけ選択した。

底辺労働者は、その仕事の収入が低いからといって、掛け持ちでバイトなんてものはしてはいけないと思う。それは一時的には収入は増えるが、将来には繋がらないし、得られる収入にも限界がある。大事なのは自分で収入を得る力を得ることです。自分で収入を作ることができれば、老後年金生活で家計が厳しくても、その時も自分で収入を得ていければ問題はない。

俺は最近、ぶっちゃけ結構ネットで収入を得ることで悩みこけていました。ブログの記事の方向性とか、どういう仕組みを作っていったら、収益を生みやすいのかとか考えてきたしこれからも考えていくだろう。毎日ネットで収入が発生しているのは事実で、ネットで稼ぐということは無理と断言できるものでもない。5年前なんてネットで1円稼ぐのもやっとだったが、今は5年前のネット収入の金額よりも1,000倍くらいはあるだろう。

結論から言うと、底辺労働者は、今おかれている状況に常に疑問を持ち行動し、自分でお金を稼ぐという手法を身に付けることは確実に必要です。俺もちょっとだけ、その世界につま先を入れた感じになっている。底辺労働者が仕事が終わって、家に帰ってきて酒なんて飲んでだらダメなのよ。俺も2年以上は酒は絶っているが、これからも酒は絶ち続けます。

底辺労働者で、自分が何をして良いか分からない時はKindle Unlimitedの会員になって、読み放題の書籍を読みまくると良いと思う。俺も今そうしてます。結構知識は得られますよ。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)