職場でのパワハラ問題

最近テレビを見ると、伊調選手へのパワハラが話題になっている。俺自身も過去にパワハラじみたことも受けたし、もしかするとパワハラ的なことを自分がやっていたかもしれない。

パワハラというのはおそらく昔からあったが、あからさまにならなかっただけだろうと思う。俺は高校卒業して初めて入社した会社では、上司のおっさんが女社員に対して顔面に平手打ちして、その女社員が涙流しておもっきり泣いている現場を見ました。俺自身もその会社で、先輩と後輩に挟まれてひどいイジメを受けてました。その原因が俺がその二人よりも給料が多かったせいで、かなり妬まれていた。

その最初に入社した会社が経営悪化でリストラになり、その次の会社で俺の全盛期時代が到来するわけです。最終的には30人近くいる職場を受け持つことになるが、その頃の俺はモロに会社に洗脳された、今で言う社畜だった。その職場も結構人の出入りは激しくて、業務的にはハードな方だった。俺は自分にも厳しかったが、周囲にも厳しく、理不尽な圧力を周囲にかけていたということは記憶に残っている。そこは10年近く勤務したのだが、辞める間際はホント心身的にも病んでいたと思う。あのまま俺はその仕事を続けていても、完全に間違った方向に進んでいて、多分今よりも酷い人生に落ちていたと感じる。

その全盛期だった時代は34歳で幕を閉じ、その後職を転々とし今に至っている。もうそうなると、パワハラ的なことは結構受けまくる人生になる。30代半ばのおっさんが、人生の復活なんてできるわけがありません。当時は復活できると思っていた。30歳過ぎ転職しても、成長していける機会も与えられないし、とにかく発言権がないので意見が言えない。言われたことを忠実の従う働き方しかできません。

今の時代は雇用形態で身分が区別されることは確実にあり、派遣社員という立場が一番下の階級になります。特に大手のメーカーに派遣社員として働いてしまうと、確実にパワハラを受けます。パワハラというものが業務のシステムの一部と平然となっている。

パワハラの定義は、俺的には業務上で強く言われることはパワハラではないと思っている。それで精神的な圧力を受けてもパワハラではないだろう。パワハラというのは、明らかに業務の流れに関係がないことで精神的な圧力をかける行為で、見た目をネタにして精神的な圧力をかけたり、派遣社員を奴隷と勘違いして扱ってしまったりとそんな感じのことだと思う。

俺は派遣社員でもいくつか働いているが、大手食品メーカーに派遣されたときは、突然お前病気かと何回も言われました。俺は喋ると声が高いわけですよ。返事をする耽美に病気だろうと言われ、そのときは俺はすいませんと謝るだけだった。それを言っている本人なんて、俺よりも身長低くて大デブで頭が禿げてた30歳前後の男だった。見た目としてはそっちのほうが病的だった。ずっと睨まれてましたけどね。あと食品工場なのに作業服も渡されず、予備の作業服を自分で探してそれ着てくれと言われ、休憩時間潰して作業服探しを毎日してました。それが一流の有名会社がやっていることです。

あと大手部品メーカーでは、完全に正社員と派遣社員が区別されていて、派遣社員完全に見下された存在で、幹部も下っ端社員も派遣社員をかなり見下してました。俺はそこでは19歳の若造にかなりコテンパンにやられてました。俺がやっていた業務というのはホントに単純作業だけだったんが、とにかく俺のアラを探して、それをネタに怒鳴り散らして怒ることをしたかったみたいです。怒鳴り散らしている内容に中身があればパワハラには当たらないが、中身がまるっきりなかった。当時俺は40歳くらいだと思ったが、19歳の若造にすいませんと頭下げまくりの毎日でした。そこの社員はみんな派遣社員に対して見下した対応を取っていたので、そういう教育を受けているんだろうと思う。

派遣社員をするなら、極力小さい職場の方が良いと感じる。大きな会社は組織がガッチリしすぎて、派遣社員は奴隷に属します。小さい職場は派遣社員でも人として見てくれます。今の仕事はそんな感じです。ただ仕事はかなりハードだけどね。難しいところもあるし、肉体を酷使する部分もある。とにかく来年の3月末まではやりますけどね。

パワハラだと思ったら訴えるのが一番良いのかもしれませんね。俺はパワハラなんぞ屁でもないので訴えるのも面倒くさいけどw 嫌なら転職すればいいじゃん的な考えを持った男ですから〜w