底辺労働者は不労所得を増やすべき

雇用されて働いている大部分の人は、理想の幸せなんてつかめないだろう。とくに底辺労働者は、給料面でも上限がかなり低い位置にある。

会社の経営者は、従業員をとにかく安い賃金で限界まで働かしたいという気持ちを持つことが普通で、従業員にガンガン給料あげましょうなんてほざく経営者なんてまずいません。そんなことをしたら会社が潰れてしまいます。経営者は自分たちが富を得るために、従業員をいかに安く効率的に使うかを考えているので、その中で必死に働いても確実に給料面でも上限があり、非正規労働者ならば自分の時間の安売りをしていかなければいけないだろう。正社員だったとしても給料の上限はある。

そういう時間を安売りして、収入面でも上限がある働き方をしているだけではなく、ネットビジネスは誰もがやったほうが良いとは思う。パソコンとネット環境があればできるわけだし、俺自身も毎日微々たる金額だが収入を得ている。微々たる金額といっても、半年前まで2、3ヶ月かかって得たネット収入分を今は1日で稼いでるわけで、研究すればするほど収入は増えていきます。どっかのネットビジネスの塾に入って勉強するのも良いが、俺はあまりそういうのは信用できないし、あえて独学でやっている。自分で考えながら試行錯誤してやっていったほうが、実力として身につくような気がします。そして失敗することが大事だと思う。まー、ネットビジネスの場合は失敗してもリスクはないけどね。

今は俺はネット収入1日100円を目指している。1日100円だと月3,000円。年にすると36,000円になります。ホントにネット収入ってちりも積もればなんとやらで、それが不労で得られるお金なので、普通に働いて得たお金よりも重みがあり価値が違います。自分でお金を作れていることがすごいと感じる。自分の働いている会社以外の場所で、1円のお金を作ることができる人って少ないと思う。社長や自営業などやっている人は別として、一般のサラリーマンやフリーターでです。ギャンブルなんかやってお金は作ることはかのかも知れないが、それはかなりのリスクがある。

俺も最初は1日0.01円単位のネット収入からスタートしたが、今は1日70円前後の収入になっている。月2,000円前後になります。頑張ってもその収入は増やしていけないだろうと思う。肩の力を抜いて、遊び心がないと増えていかない。お金を稼ぐんだと、ガツガツしていると稼げません。ネット収入は自然に任せたほうが良い。川の流れに乗っかっていく感じです。

ということで、今日は俺は派遣の仕事の方は、仕事量が減ってしまったということで遅く出勤です。なのでブログを書く時間がかなりあった。今いる職場も常に仕事量が不安定で、俺がいる1年間はもってもらいたいところです。

でわ皆さん1日頑張りましょう! 俺は頑張らないけどね!