ひきこもりにならない方法

ぶっちゃけ俺もそれほど精神状態は良い状態ではないが、毎日休まず出勤をしている。

ひきこもりの原因はやはり人間関係だろうね。俺も人間関係は大嫌いで、極力1人でいるようにしている。俺も色んな人と関わってきたが、俺から言わせれば職場の人間関係なんぞくだらないものです。仕事上の最低限度のやり取りは必要かもしれないが、それ以上の人間関係は必要はないだろう。

社会人になる前までは、単純におとなしい性格でひとりぼっちだったが、やはり社会人になってからは、あえて自分からひとりぼっちになりたがっている。無駄な人間関係は俺的には確実に必要はない。集団で昼飯を食う職場もあるが、俺はそれが大嫌い。俺はぼっち飯が大好きです。

人間関係には確実にトラブルの種があり、発する言葉を間違えるとその種が炸裂します。その種を炸裂させないように気を使うという行為も俺は嫌いだ。ならば最初から人間関係なんて作らなければ、そういうものも容易に回避ができる。

ひきこもりの原因はおそらく仕事ができるできないの問題ではなく、人間関係がネックになっているだろう。人間関係が嫌でひきこもりになってしまうのであれば、常にひとりぼっちでいることを意識して社会復帰すれば、意外と悩むことは少ない。この人変人と言われるかもしれないが、べつにそういうふうに言った人に気に入られる必要がなければ無視しても問題ないだろう。

俺は孤立しようとしても、俺自身が面白キャラなので周りから人が寄ってくるが、それでも必要以上は人間関係を築こうとは思っていない。派遣社員を今やっているのも、直接雇用のような拘束感が嫌いだからだ。直接雇用で働いてしまうと、人間関係も強い繋がりを持たなければならない状況にもなる。派遣社員は派遣先の職場から見ればよそ者です。俺は今はよそ者のほうが良いと感じる。

現時点で俺は、精神的にはあまり良くはないが、あえて孤立をしようとしているために、無駄な人間関係のトラブルや、人間関係を維持しようとする行為もする必要がないし、コミュ障の俺にとってぼっちになることは周囲に気を使うこともなくなるので一石二鳥で、そんな状態なので精神的に不安定にも関わらず、ひきこもりにならない状態で毎日出勤ができている。

人間関係なんぞ糞だと思えば、ひきこもりなんてなりません。