自爆営業

自爆営業

月曜日に面接を受けた会社は不採用になりました。残るは書類選考待ち1件。

今日も朝からハロワーに行き検索し、その帰りに不採用の連絡を受けた。ハロワーで連絡を受ければその場で別の会社に応募したが、既に車で帰る途中だった。

家に帰りネットで5時間以上求人検索するも、応募できる会社は見つけられませんでした。そんな中、郵便局の配達の仕事が気になり、郵便局のことについて調べていた。

郵便局の求人というのは常に出ているが、やはりそれなりの理由はあるようだ。郵便局の配達員は単純に物を配達するだけではなく、施策による営業活動もしなくてはならない。その営業が問題です。

営業にはきついノルマが有り、そのノルマを達成するために、従業員が身銭を切る事をしてるということです。代表的なのは年賀状を何枚売るというノルマです。よくスーパーの片隅で郵便局員が年賀状を売っている姿を見たことがあるが、まさにそれこそがノルマ達成のために必死に年賀状を売ろうとしているんだろう。

ある記事によると郵便局社員の多くは年間10万円自爆してるそうだ。そしてノルマを達成しないとかなり圧力がかけられるみたいで、精神病になる従業員も多いらしい。

俺も低賃金だが郵便局の配達もやってみようと思っていたが、こういう現実を知ったらやろうと思いません。この郵便局の自爆営業はどこでもあるみたいです。郵便局の商売のかたちがそういうかたちになっている。

なんか俺は世の中がわからなくなってきたわ〜。

どうすっかな〜、仕事ねえな〜・・・。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)