洗脳

洗脳

俺自身、仕事に対する考え方は若い頃と今とではかなり違います。

今はそんな無理をする気は起こらない。多少収入が少なくとも、心身に負担がかからないような生き方をしたいと思っている。しかし、若い頃はそんなのじゃなかったような気がします。

若い頃は俺は結構神経もピリピリしながら業務をこなしていた。9年勤務した会社では、職場を受け持っていたが、その時の俺はどんな手段をとってもノルマを達成するのが正しいという考えで、少しでも仕事をできない人間を見ると腹も立っていた。仕事時間中ブチ切れることを度々あり、今考えるとブラック会社員になっていたのかもしれない。結局はそういう人間は自分自身追い詰める事になって自滅するんですよ。俺はその会社を辞める頃には、体調崩すようになって1ヶ月以上声も出なくなってました。風邪っていうわけではないが、原因もわからないまま仕事を続けていた。

若い頃の俺はおそらく世の中の常識とやらに洗脳されていたんだろう。我慢してやり抜くことが正しいとか、そんな感じのことを貫き通してしまったんだろう。その時いた会社も結構従業員の出入りが激しくて、業務の流れが早すぎるので有名な会社でもあった。俺の所属していた部署は、第一工場と第二工場に別れていて、第二工場を受け持っていた。俺も過剰に働いている人に圧力かけていたような気もするし、俺自身もかなり圧力をかけられていた。

今俺はニートになっているが、ここ数年人生フラフラししていて世の中の洗脳が解けてきて、過去の自分が非常にくだらないと感じている。そしてまた働き出せば、そのくだらない社会に溶け込まなくてはいけないことがなんとなく嫌に感じる。

今回の無職の期間にちょっとだけ働いたりもしたが、そこで働いている人は良く言えば真面目、悪く言えば頭が固いと感じた。多分俺の頭がおかしくなって、そう感じるんだろうと思う。ただ面白い人生と思えない。

ニートが働けなく理由が何となく今はわかってきたような気はする。社会からの洗脳が解けてしまって、社会に拘束されるのが嫌になる感じがあるからだろう。会社に働きに行けば時間が拘束される。今の俺はそれが結構辛い。あとは人間関係の拘束です。常に誰か指示のもとで行動しなければならないし、建前上のわざとらしい付き合いもしなければならない。会社に雇用されて働くことはとにかくいろいろと拘束される部分があり、今の俺はかなり辛い。自由がないんだよな〜。

生きていくためには働かねばいけないのはわかるが、なんか辛いんだよね〜。明日は面接だが、なんか正社員と契約社員のどちらか選択できるみたいです。どっちが良いのか今となってはよくわからん。