パラレルキャリア

俺の予想では、これからの時代は定年を過ぎても働き続けていかなくてはいけない時代が確実に来ると思われます。

終身雇用は既に崩壊しているし、今の社会は定年後の保証はほぼない状態で、働かされるパターンも増えてきている。どんなに1つの会社で長く勤め上げ、それなりの立場となっても、その会社を辞めてしまえば学校卒業したばかりの新卒社員以下の存在となります。会社によっては早期退職者を求めているところもあるそうだ。会社にとって一番必要がないのは40代以上です。給料は高いし、老化と自惚れで生産性が悪い人間も多い。一番危険なのは、そういう中年が会社にガードされていることに気づかないことだろう。

中年が退職後の保証が何もない状態であれば、かなり危険な状態だと感じます。会社に洗脳された思考を持ち続けてたり、そこそこ金を持っていて、その生活を続けようとしたりしたりしている人は、ホントに自殺でもしかねない状況に陥るだろう。会社の定年が60歳ならば、定年後、これからの時代は定年後も収益を得ていく方法を知らなければ、生きていくことはできません。

ホントに老後年金が貰えるのかも疑問。年金の給付を受けられる年齢も引き上げるとか引き上げないとかという話もある。年金が貰えたとしても70歳からだったら、餓死するジジイ、ババアが続出するだろう。

俺は既に現時点ではどん底に落ちてしまっているが、世の中の危うさは感じ取れてはいます。雇用されて働くことに関しては、それだけを見て一点集中させてしまうことをは、かなりリスクがあることだと感じる。俺の過去の職歴の中にも、工場閉鎖によるリストラもあるが、やはり日本国内の会社の工場なんかはどんどん減少していき、海外に移るか、海外メーカーに任せるとかに変わっていくと思う。日本人の人件費は外国と比べるとかなり高いので、会社経営を維持するためには、日本人使うよりも外国人使ったほうがコストはかからない。

今人員不足と言われているが、必要とされているのは若い人材のことで、中年はそこまでは必要とされてはいません。中年は個人で成長できるキャリアをいくつも作っていったほうが良いと思う。それをしないと老後は確実に餓死してしまうだろう。

俺も毎日ブログを書いているが、これもパラレルキャリアの1つとしてやっているようなものです。パラレルキャリアとは収益につながらないキャリアも入るみたいだ。今のところ俺もこのブログではそれほど収益はないが、1つのキャリアとして伸ばしていっても良いのかなと思う。今も思いつきでこういう記事を書いているが、ブログをやっていない人からしたら、いきなり文章書こうと思っても難しいだろう。毎日文章書いてると、頭の中ですぐに文章が出来上がるので、日常人と話す時も文章が言葉となって出てきます。まんざらブログも馬鹿にはならないですよ。