MONSTER MOBILEの使い勝手が良い

MONSTER MOBILEのMacaroon SEを、1日5GBまでのプランで数日使ってます。月の料金は税込4,378円になります。月換算で1日5GBだと150GB以上は使えることになるので、データ通信の量としては十分なのかなと思う。

1日5GBのデータ通信をしてしまうと、速度制限がかかり256kbpsの通信速度まで落ちるが、次の日の0時になるとリセットされ、また高速通信が使えるようになります。それが俺の使い方にぴったりだった。

俺は1日5GBのデータ通信をすることはあまりないし、ネットを一番使う時間帯が仕事が終わって夜になます。以前使っていたWiMAX2+は、ちょうどネットを一番使う時間帯によく速度制限がかかってました。WiMAX2+は3日で10GB超えると、18時から2時まで速度制限がかかります。3日で10GBということは1日3GB以上使うとアウトになる。

俺はYou Tubeもよく見るので、1日3GBはどうしても使ってしまう。しかし5GBまでは使わない感じです。なので今契約しているMONSTER MOBILEの契約プランでは、それほど不満を感じる部分がなく使えてしまっている。

MONSTER MOBILEのMacaroon SEという端末は、チャージ型のデータSIMの要素もあります。詳しくはわからないが、Amazonでもチャージして使えるルータとして販売されてます。チャージ料金も他の通信会社の料金と比べると、かなり安価です。1日5GB超えて、データ通信をもっとしたい場合は、スマホのアプリから簡単にチャージできます。

MONSTER MOBILEが今後使っていって使い勝手がよかったら、今は縛り無しプランを選択しているが、縛りありのプランに変えようかなと思っている。そうすることで月々の料金は税込4,378円から3,828円に下げることもできます。

MONSTER MOBILEを契約しし続けるとしたら、Rakuten UN-LIMIT VIを2回線契約しているので、サブ回線のほうが9月まで無料期間なので、無料期間が終わり次第サブ回線は解約しようかなと思っている。サブ回線を解約することで、Rakuten UN-LIMIT VIのメイン回線の月の料金を下げることもできる。

Rakuten UN-LIMIT VIは回線が不安定なところが目立ちます。それを補うのがMONSTER MOBILE。MONSTER MOBILEのMacaroon SEはクラウドSIMなので、電波はどこ行っても繋がりやすい。docomo、Softbank、auの電波を自動的に選択してキャッチしてくれます。MONSTER MOBILEは契約し続ける価値はあるのかなと思う。