体調が悪くても休めない【親父の異常行動の影響】

現時点ですでに腰を痛め、激痛で苦しんでいるのだが、来週からはまた激重の鉄板状のパーツを扱う業務をやらされます。今日も派遣先の社員と話したのだが、俺はぶっ続けでやるなら半日は体は持つと言ったが、替えの人がいないために1日中1人でやってくれと言われた。

本来その仕事は、別の派遣社員がやっていたが、最近辞めていったので俺がやるハメになった。その派遣社員も周囲から相当いじめを食らっていて、なおかつそんな重労働をやらさていたと思うと辞めて当然だろう。そのポジションの人間関係の空気は非常に悪い。俺はとにかく無視を貫き通す。

ホントに腰を痛めても、休むことはできません。なぜなら体を異常きたして休んでも、家には親父がいて、監視や嫌がらせをしまくる。そして休むと文句の言いっぱなしで、有給つかって休んでも、有給なんてあるわけねえだろと怒り出す。なので実家に住んでいる以上、体調崩しても休めません。

そのくせ親父は首が痛いなど、腰が痛いなど、足が痛いなど言いながら、大げさな仕草をして俺の前をいつも通り過ぎます。要は俺に対するあてつけをしているわけです。毎日食っちゃ寝し、何もしていないのにそんな態度を毎日見せられている。俺は体がいたくてもいちいち周囲には言わない。

俺自身、体を休める場所が実家にはないので、もう実家を出るしかない。タイミング的には今です。派遣の仕事の契約も更新が決まり、10月まで働けることになった。そして、しばらく大きな出費はありません。ちょっと前は車検や車の税金などがあり、お金がバンバン出ていった。それがあったから、アパート借りるのがかなり厳しかった。

俺の体も今の仕事ではそんなに長くは持たないだろう。俺の体が壊れる前に、なんとしてもネット収入を増やしていきたい。実家にいては、親父がギターかき鳴らして大声で歌い出すので、うるさくてブログにも集中できない。

一人暮らしをすれば、自分のやりたいことに集中できるし、休みたい時も堂々と休める。実家にいたら、普通の休日でさえ正々堂々を休めず、絶えず親父に邪魔者扱い、または憎まれ者になっていなければならない。

とりあえず、隣町のアパートを探してきます。前回までのアパート探しは、実家から近すぎた。多少実家から離れていたほうがいいだろう。

ランキングをチェック!