派遣の仕事での心配事【底辺肉体労働の現実】

今不安に思っていることは、腰痛が日に日に悪化していることです。仕事の影響で腰痛になっている。明日からはまたかなり重いパーツを扱う業務をしなければならない。社員の人にも、ぶっ続けでやるなら半日が限界ということと、交代でやるなら1日やれると言ったが、替えの人がいないと一言返された。

かなりの重さのパーツを扱うため、女の人はその業務はしません。鉄で加工された鉄板状のパーツで、冗談抜きで体がどうにかなる重さです。そもそも腰痛持ちが、更に腰を痛めるような業務をやって、どのくらい続くのか疑問になってきました。おそらく来週あたり、腰がどうにもならなくなり有休使うことになるかもしれない。下手をすれば動けなくなって病院送りになるかもしれん。

今の派遣の仕事の状況は、契約を打ち切られるかその前に体がぶっ壊れるかのどちらかになっている。全く明るい将来がありません。派遣先からすれば、俺が体がぶっ壊れて働けなれば、別の派遣社員を入れれば済む話だが、俺は腰を駄目にしてしまうと、後々それが就活の妨げになってしまう。腰がだめになると、工場系や倉庫系の仕事ができなくなります。派遣先は男は大体力仕事で雇い入れようとする。軽い作業は女を雇い入れる。

明日から重たいパーツを扱う業務がスタートするのだが、持ち方をいろいろ自分なりに工夫して、極力腰に負担がかからないような持ち方を見つけないといけない。力任せにそんなの持ち上げていたら、2時間と持たない。46歳になってそんな肉体労働と出くわすなんて、結構ピンチな状況です。

今体を壊して無職になるわけにもいかない。一人暮らしも考え、今アパートも探しているのに、無職になればアパートを借りるにあたっての初期費用、今後の家賃のことを考えるときつくなる。

早かれ遅かれ、今の派遣の仕事では働けなくなる。契約の打ち切りや俺自身の体力が落ちれば働けない。50歳過ぎて今の派遣の仕事は絶対に無理。50歳まであと3年半くらいしかない。タイムリミットは迫ってるな〜。それまでに新ブログを作り、それをキャッシュポイントの一つにし、派遣の仕事以外である程度収入を作らないといけないな。

ランキングをチェック!