今日は有給休暇を取りました【親父の精神状態】

今日は住居の引越しに関わる手続きがあるので、仕事は有休を使いました。市役所に行ったり警察署にったり郵便局に行ったりと、いろいろ手続きがあります。手続きが終わったら、生活用品を買ったり、引っ越しを進めたりしていきます。そして明日は、冷蔵庫と洗濯機がアパートに届き、ガス屋さんも開栓の手続き来ます。結構忙しい。

アパートで住み始めるのは、9月5日(日)で考えています。それまでにアパートの部屋を住める状態に持っていきます。少し引っ越しのスピードがダウンしているので、アップしないと間に合わなくなるだろう。

一人暮らしになれば、親父の圧力からも開放されます。ようやく家に帰って気が休まる時間ができる。実家にいるときはホントに疲れました。常に監視されているし、威圧も受ける。そして生活用品も使わせてくれないので、普通の生活が送れなくなっていた。日々その状態は悪化してました。今がもう限界で、これ以上悪化すると実家では生きていけなくなる。

数日前、弟と親父が電話をし、親父は弟に説得しようとしたが相手にされなくて、そのことが親父はショックを受けたみたいで、精神状態が不安定になっている。親父は電話の後、弟のことをコロナで重症化して死んじまえば良いんだと言っていたらしい。

たまにせっかく弟から電話が来て、自分の息子の声が聞ける機会があったのに、親父はそんな貴重な瞬間でも、自分の主張をぶつけてしまい相手を不愉快にしてしまう。自分で原因をどんどん作っていき、自分でうつ状態なっていっている。

昨夜も俺がトイレに行ったら、親父が自分の部屋で、暗闇で立ってて俺を睨んでました。俺も思わず怖いと思って、母ちゃんに伝えてそっとしておこうという話になった。行動がだんだん危険な領域に入ってきて、俺も少し怖いなと感じました。

親父は家にあるものすべて俺のものだと言うのならば、死ぬまでそんな物体と一緒に生きてりゃ良い。家の物を俺のものだと言っているうちに、家族は俺のものにはできなくなっている。親父は俺のものを守るために、家族の関係は捨ててしまった。

最近、昔死んだ従兄弟が生きてればよかったなと親父は口走っていたらしい。しかし、その従兄弟ともそんなに頻繁に会っていたわけではないし、会っても親父はその従兄弟の前で偉そうなことを言ったり、威張ったりしただけです。従兄弟からしたら親父は嫌な存在だったと思う。社会の貢献度から言ったら、従兄弟のほうが全然上の立場にいます。

親父は、目の前にいる人間を大事にしないで、離れている人間と繋がりを持とうとするが失敗に終わっている。弟とのやり取りのとこも、あっさりと相手にされなかったので、かなりショックを受けている。今はホントに親父は一人ぼっちです。ま〜、俺も一人ぼっちだが、親父のように社会の枠からは外れたくはない。