計算された平凡な休日【貧困中年独身男の一人暮らし】

昨日は2回目のコロナのワクチン接種を受け、今日は腕が痛くなってました。今日は天気も悪し寒かったので、ちょっと買い物をしただけであとは家に引きこもっていました。まだ一人暮らしを始めて1ヶ月ちょっとなのだが、何だが随分長い間一人暮らしをしているような錯覚に陥ります。

生活自体も予めあらすじみたいなものが最初からできていて、今日の1日の過ごし方や買い物で買うものが瞬時に頭の中で出来上がってしまって、今回の一人暮らしではワクワク感も全くありません。

今日は朝掃除をして、買い物では生活用品と食料を買ってきました。だいたい休日は1日1,000円ちょっとの買い物で済んでしまいます。食料も安いものを買って何日かに分けて食べられるようなものを買っている。実家に住んでいるときは、毎日スーパーの弁当しか食えなかったので、食費がものすごく高くついていた。今は平日なんか1日700円程度で、食料や生活用品の買い物で済んでしまいます。

下手をすると実家に住んでいたときよりも、金が貯まる生活ができる可能性もあります。意外と水道光熱費も安いことも確認できました。実家にいるときは、実家にお金を入れて食費も馬鹿高くなってしまったので、月の生活費は10万は余裕に超えたが、どうも今の一人暮らしのペースだと、家賃や水道光熱費を含めても10万は超えなそうです。

生活自体は今のところ安定してます。俺のイキガイは会社に頼らず自分の力でお金を作って増やすことです。それには今の生活の安定は必要です。今所有している貯金や資産を合わせると、220万くらいあります。たとえ今無職になったとしても、多少は生き延びることもできるだろう。

無職になる前までに、とりあえず副業で月5万を目指していきます。最高記録が月3万くらいだったが、それ以上がなかなか超えられません。今の俺はお金を作ることしか楽しみがない。誰からなんと言われようが、自分がそれで楽しければそれでいい。