10万円給付なんぞどうでもええわ〜【自分の力で稼ぐ力が重要】

政治のことは俺は無関心でよくわからないのだが、一部の国民は10万円の給付を受けれるらしいですね。18歳未満の子供がいる世帯が対象とか・・・。ま〜、俺は対象外だしそんなはした金は貰ってもなんの解決にもならなん。

10万円貰ったところで、1ヶ月の生活にかかかるお金にもならんだろう。貧乏人の一人暮らしの俺でさえ、10万円で1ヶ月暮らせと言われても結構難しい。10万円国から貰えるか貰えないかって考えるってのは、バカバカしいし時間の無駄。

それよりも10万円貰えるかってよりも、自分の力で10万円作れるかってところに、時間と意識を集中させて方がお利口さんだろう。今日は俺のところに9月分の楽天アフィリエイトの報酬が入ってきたが13,000円程度でした。そういう収入を自分の力で得られるかってのが重要でしょう。

今俺がネットで得ている収入は、楽天アフィリエイトとGoogle AdSenseです。毎月ちょくちょく収入が発生してます。国から10万円貰いたいと口をポカーンと開けて待つよりも、そんなお金自分で作っちまったほうが、全然状況的に良い。

1年間で副業の収入が20万円以上になると確定申告が必要だが、まだ俺は十数万程度なので確定申告は必要ありません。ただし、来年あたりは確定申告できるくらいの副業の稼ぎは欲しい。

結局は中途半端な底辺には、国からの10万円給付がないらしい。底辺の人間はもはや国も社会も助けてくれないってことです。自分のケツは自分で拭けってことだろうね〜。俺的にはそっちのほうが刺激的で面白いとは思うけどね。

おそらく現時点でのほーんとサラリーマンをやっちゃっている人は、油断しまくって老後年金がなかなか貰えなくて慌てふためくんだろうな〜とも思う。就職氷河期世代は75歳までは年金は貰えないし、もしかするともっと働かなきゃならない状況になるかもしれない。

俺はもう老後年金が貰えない前提で、今は資産運用したりしてお金をコントロールをしている。老人になってもできる、ネット上での情報発信を今からやっていき成長させていってます。なので長期的に見て、国から貰える10万円ってお金は人生が良くも悪くもならない、なんの影響力を持たないお金です。逆にその10万円を追いかけようとする心が、自分自身でお金を稼ぐという意識を低下させる。

自分のケツくらい自分で拭いたほうが、自分自身の成長できる。国からの給付をあてにしている時点で、すでに終わってるのよ。