投資が不調です【中年からの守りの投資】

今俺は若干投資の方はスランプ気味です。先月あたりにリスク軽減のために、人気どころの株式以外の投資先にも、分散投資するようにしたのだが、それがあんまり調子が良くない感じにも見える。株式以外の投資先への投資額も増やしたが、長期投資において株式以外に投資する必要性ってのはあるのかないのかも疑問になってきました。

ネットで色々と情報を見ているのだが、人それぞれそれぞれ言ってる事は違うし、誰が正しいってのは投資においてはないのかなと思う。今の時点で未来が見えている人なんて、誰一人いないだろう。いろんな情報を見て、あとは自分の感覚で投資をしていくしかない。

今俺は投資は不調と言っているが、元本割れはしてません。利益がイマイチ上がっていってない。世の中の経済が全体的に不調ってのもあるだろう。しかし利益が上がっていかないと、ほんとにこの投資先で大丈夫なんだろうかと疑問に思ってしまうんだよね〜。

現在、投資信託もロボアドの楽ラップも守りの投資にしてるが、長期投資においてその投資方法が合っているのかは俺にもわからない。株式中心に投資するのも先月あたりどうかなと思い、株式の投資の額を減らし、債券などの投資額を増やしました。債券は利益は少ないが、リスクも少ない。俺も50歳に近づいているので、あまりガンガンと攻撃的な投資はやらんほうがいいと思い始めてます。

今の世の中はかなり不安定なので、あまりガンガンと株式に投資してしまうと、暴落した時にかなり痛い目を見そうな予感はします。20代30代は暴落してもそれを取り返す時間はあるが、歳とってくると時間があまり無いので無理はできない。

もう少し利益が出るような投資をしたいなとは思っているが、利益を増やそうとすれば損した時の額も当然増える。投資は難しいわ〜。