人材の出入りが激しい会社の原因

リーダー

俺もいろんな会社見てきて、従業員の出入りが激し会社にも出くわしてきました。なんとなく共通して言える問題点が見えてきました。

共通して言える問題点とは、リーダーのレベルが低いということです。俺自身もかつてはリーダーとしてやっていた時期もあった。しかし周囲の従業員は次から次へと入れ替わっていた。なぜそんな状況になるかと言えば、単純にそのリーダーに職場をまとめる力がないだけだからです。

俺は若かった頃は、2つの会社で役職にもついたが、ここ数年俺も底辺人生歩んでいると、当時間違ったことをやっていたことに気付かされます。やっぱり俺も多少有頂天になっていたと思うし、下っ端の人間を見下すという心はありました。しかしその心は己の人生を滅ぼします。

人を見下すということは、人の悪い部分を見る癖がつき、人の良い部分が見えなくなるため、自分自身の成長はなくなります。自分は正社員で管理職で、その下で働く契約社員や派遣社員を見下す。そういうことをやっている人は、俺の目から見れば、結構多くいると感じる。そういう状態の職場は確実に常に人の入れ替わりが激しく、人員不足に苦しむだろう。

俺も過去に主任をしていた会社で、従業員同士よくもめてました。その頃の俺は他人事の目でも見ていたし、それで辞めていく人間がいればそいつが悪いだけと思っていた。今考えると、俺が職場をまとめられてなかったから、そんなことばっかり起こったんだろうと思う。

俺も従業員の出入りの激しい会社のリーダーを見ていると、俺も含め共通点が多い。まー、リーダーの上にはまた上司がいるわけで、常に人員不足になっている会社って、やはり根っこから改善しないと状況を良くならないような気はします。

正直俺も縦社会にあまり関わりたくはないんだよな。今の職場はそんなにではないが、派遣社員をおもっきり差別する会社も確実に存在します。こっちは派遣先のリスク軽減と派遣会社の儲けのために、低賃金で労働力を提供しているのに、派遣社員を奴隷と勘違いしているクソッタレも確実にいるんですよ。俺も腹わたを煮え繰り返しながら、仕事をやっていた時期もありますけど。

俺は個人でお客さんと遣り取りをする仕事がしたい。会社の組織というものの中に入りたくはない。今回も派遣社員をしているが、もう直接雇用されるのもなんかしんどくなっている。

今日は書店で個人事業の作り方の本を立ち読みしていた。こんなこと母ちゃんが知ったら、また母ちゃんは変な顔するだろうな。俺はこういうことは、親にも話さず1人で考えてますね。