定期的に読書

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

今週から読書をするとことを強制的に習慣つけることをしている。

朝仕事前に15分、昼の休憩時間に15分、そして寝る前に15分といった感じで読書をしている。これから生きていく上で、知っておかないといけないことは確実にあります。ネットで求人を見ても9割以上が派遣社員の求人だし、求人に表示されている給料も今は低くなっているような気がします。ちょっと前は時給1,200円台ってのはあったけど、最近は見かけなくなっています。時給1,000円以下の求人が確実に増えている。何も考えないで生きていては、死ぬしかない世の中は既に到来している。生きていく術は、強制的に学ぼうとしなければダメだろう。

俺はKindleUnlimitedの会員なので、読み放題の本を常に読んでいます。Kindleの本はホントに糞書籍もあれば、ためになる書籍もある。ためになる本から情報を得て、知識として取り入れ蓄えていくことをしている。そうやっているうちに何かひらめきがあるんじゃないのかなと思っている。ひらめきなんてないだろうと思う人もいるかもしれないが、最初から諦めて何もやらないよりかはマシだろう。

あと週間SPA!を今まで購読していたが、俺は今週号で購読をやめようと思う。記事の内容も雑誌を売るための記事なので、記事に生々しさがないというか、記事にパワーがない。その記事から得られる知識がない。やっぱり週刊誌は単なる情報誌なので、世間のことがちらっとわかる程度のことしか書いていないし、話が作られていることもかなり多いだろう。

読書も長時間は俺はできない。1回15分が限度です。それ以上読書をしていると、疲労が溜まっているせいで睡魔に襲われます。今俺はかなり時間を大事に使うことを心がけている。だたし疲労が溜まっているときは、すぐに寝ます。疲労感に襲われているのにダラダラと夜遅くまでネットをしていることは良くないと思っている。睡魔で頭のキレが悪くなると、なんにも情報や知識が頭に入ってこないし、全てのことにおいて中途半端になる。読書さえもまともにできなくなるだろう。

    スポンサーリンク

    フォローする

    スポンサーリンク