中古車という選択枠

俺は再来年あたり、車を買い換えるかもしれないが、やはり金銭面のとこもあるし中古車も選択枠に入れようかと考えている。中古車を選ぼうとしている理由にもう一つあり、中古車ならば傷がついたときの精神的なショックが少ないからだ。新車だとちょっとでも傷がつくと精神的に辛くなるが、俺はそれがかなり嫌いなんだよね。気を付けて運転していても、飛び石とか、道路にはみ出た木の枝にあたって傷がつくことがある。

車両本体の価格は50万から100万の間あたりのが良いのかなと感じる。あまり安すぎるのも逆に不安がある。走行距離も5万km以下がいい。しかし全オーナーが喫煙者だと嫌だなの感じる。俺自身タバコも吸わないし、タバコの臭いがあまり好きではない。

100万辺りだったら俺もギリギリ手が届く範囲だと思う。200万近くになると結構辛い。

今までずっと新車ばかり乗ってきた。最初はカローラⅡ、次はカルディナ、次はクロスロードです。新車は最初は神経使って気疲れします。嬉しいのもあるが、ちょっとでも汚れたり、擦り傷が増えるとメンタルに応える。それなら始めから多少傷みがある中古で楽しんで乗ったほうが、気持ち的に良いのかなとも思います。中古のほうが乗ってて気が楽そうです。それに最近はゲリラ豪雨とかときには氷が降るが、新車買った途端氷にやられてボディーがボコボコになったら泣くに泣けない。俺も最初のカローラⅡからカルディナに買い換えるちょっと前に、ものすごい氷が降ってカローラⅡのボディーがボコボコになったが、買い替えたあとのカルディナでいきなりそうなったら、生きた心地がしなかっただろう。最初から中古ならば諦めはつくだろう。

なんか中古のほうがいろいろと楽しめそうな予感はする。

自由なクルマライフを(電話サポートあり)