【努力の仕方】昔の努力は通用しない

俺は10年くらい前までのような努力の仕方は今は通用しないのではないかと感じている。

昔は上司の言われたことを忠実に実行して、そして石の上にも3年という言葉もあり、1つの仕事も長期に続け、耐えることも必要だと言う時代もあった。そもそも派遣社員は3年後は契約が切れるので、3年間耐えるだけ耐えて、最終的には失業するし、会社や上司に忠実に従い業務をこなしたとしても、今の時代は自分が成長していける機会が与えられていないので、使うだけ使われてくたびれた人材になれば捨てられるだけです。

多分、こういう考えは俺だけが持っているわけではないだろうと思う。底辺で働いている中年は、昔とは何かが違うと感じているだろうと思う。

俺が高校卒業して社会に出たときは、誰でも正社員になれ待遇もかなり良かった。仕事ができなくても年収300万は超えたし、ちょっと頑張れば昇格、昇給もした。今の俺の給料というのは、俺が18歳の頃の給料よりも低いですよ。そして俺の全盛期、20代半ばから30代前半の給料の今は半分以下です。

この今の給料がかなり低い状況というのは、昔ながらの努力をしたとしても増えることはありません。何も考えずがむしゃらに頑張っても、無駄な努力で終わります。努力するにもその努力は将来を良い方向へ持っていくものなのか、悪い方向へ持っていくものなのかを見極めて努力をしていかないと、後々痛い目を見てしまう。企業も経営が厳しくなっているので、ブラック化しているところも多いが、そういう企業では人材を人としては見れなくなっています。そんな中で努力をしても働いている人は良いことはありません。

俺はもう落ちるところまで落ちているので、がむしゃらに努力をしたとしても人生の復活は確実にできません。どんなに頑張っても良いように利用されるでけで終わってしまいます。良いように利用されるだけでは俺的には悔しいという気持ちがあるので、知恵を使い自分で稼ぐことに少しずつ移行している。知恵を使わない努力は無駄な努力で終わることが多い。とにかくこれからの時代は知恵を使って努力をしないと、努力が無駄になるし面白い人生にならない。

ということで、昨日もブログ収入が結構いい感じに発生。最近非常に調子が良い。完全に右肩上がりになっている。今も報酬のポイントを換金しました。こういう不労所得を知恵を使って生み出す努力が、これからの時代は重要なのかなと感じる。1人の人間のやれることは限界があるし、仕組みだけを作って収益を生み出すものを、いくつも作っていけば、キャッシュポイントがいくつもあるので、突然収益が途切れたとしてもリスクの分散になる。頭の中を柔軟にするとキャッシュポイントの作り方が思い浮かびます。今は俺のネット上のキャッシュポイントは2つあります。チリも積もればなんとやらで、微々たる金額の報酬でも積もり積もれば結構な額になりますね。

このくたびれた日本で楽しく生きるには、知恵を使って努力することでしょう。何も考えずがむしゃらな努力は、今となっては無駄な努力でしかない。自分の成長につながる努力を優先させたほうが良い。