【労働力を粗末にする会社】労働力を粗末にする会社に人が集まるわけがない

度々、労働力を粗末にする会社を見かけるが、そういう会社に人材が定着するわけがない。

派遣社員は合法的な奴隷のようなものだが、ガチで奴隷だと勘違いしている人、会社も存在します。派遣社員で働くなら、そういう会社に労働力を提供する気はあまり起こりません。

派遣社員の中には、仕事ができない奴もいればできる奴もいる。そして派遣社員というだけで、派遣社員を見下し、馬鹿にしてかかる直接雇用の奴もいるが、仕事がやれている派遣社員は、言いたいことも言わずに、さり気なく労働力を提供し、派遣先もさり気なくその労働力に依存しているにも関わらず、見下してかかってくる会社も多い。そういう会社は常に人員不足で求人を出しても人が寄り付かない状況になっている。

人が寄り付かない会社はおそらくこれから先もずっと人が寄り付かないだろう。直接雇用の人間が、死ぬ気で働けばなんとか会社の経営は維持できるだろう。派遣社員は死ぬ気で働くことはしないだろう。労働環境、待遇面などあまり良くなければ、どんどん去っていく。そこで我慢してやっていても、べつに給料が上がるわけでもないし、仕事がなくなれば契約終了になる。ただし派遣社員として働くなら、契約書に書いてあることぐらい守らなければ、社会的な信用を失う。これから先俺は派遣で働くにしても契約だけは守っていきます。

自分がやりたくない仕事には契約書にハンコは押さない。契約書にハンコを押したなら、契約満了まで全力でその仕事をする。俺はそれだけはしっかりとしていこうと思っている。