派遣社員は社会のガラクタです

これからこのブログでは自分のことを俺ではなく、私と言うことにしましょう。もう自分も年齢的に俺様って感じの気持ちでもないし、ぶっちゃけ自分は物静かな普通の冴えないおじさんです。僕ってのもリアルでも使ってないし、リアルでは俺だけど、こういう記事では私にしたほうが良いと思う。

ということで、毎日派遣の仕事は休まず出勤しておりますが、ホントに面白くない毎日が続いてます。契約が終わるまで、まだ5ヶ月半ちょっとになりましたが、心身ともにすでに限界地点に達している。そしてストレスが半端なく、頭も禿げてきました。

派遣社員として働くことが非常に馬鹿馬鹿しいと、かなり痛感している。派遣会社には月35,000円以上ピンはねされて働かされて、そして立場も低くいつも低姿勢で業務を引き受けなければいけない。こんなこと続けていても、自分にとってなんのプラスにはならない。

心の中では、派遣社員を使っている企業は全て倒産してしまえ!とまで思っている。こんな人の使い方をしていれば、いつか天罰は落ちるだろうし、俺は落とす。

絶対、派遣社員という働き方は、おかしいと感じる。確実に人としては扱われていない。道具やガラクタなどそのくらいのレベルでしか扱われない。派遣社員が直接雇用の人に対して低姿勢なのは、逃れられない立場の格差があるからだ。決して直接雇用の人間が偉いというわけではなく、派遣社員がちょっとでもトラブルを起こせばクビを切られるからだ。そのへんを勘違いしている直接雇用の人間が結構多い。人なんて心の奥底では何考えているかはわかりません。直接雇用の人間に対して、恨みを持っている派遣社員もかなりいると思う。

派遣社員をやっていると、ホントに心身が病気になっていく感じがする。今の仕事も3月末で終わりにすることは派遣会社に伝えているが、はっきりとそのことを派遣会社は今の段階では受け入れていないと思う。年が明けたらもう1回交渉してみようと思う。契約は絶対更新しない。

自分がいなくなって業務に支障が出るようであれば、所詮その職場はそのレベルの職場で、駄目なものは駄目で諦めれば良い。これから時代は無理なことをしようとしてはいけない。

私は私で新たな人生を見つけなければいけない。今の職場がどうなろうと考えるべきではない。自分の人生を第一に考えなければいけない。また仕事探しをするのもかなりしんどいのだが、今のままではかなりマズい。毎日うつ状態になって仕事に行ってます。次の仕事を探すにしても、焦っては仕事を探すつもりもない。失業保険も出るので、半年くらい無職でもなんとかやれるだろう。まー、全力で就活はするけどね。急ぎはしないけど・・・。