社会にのゴミであることを自覚する

運転免許の更新のために、幕張の免許センターに行ってきました。久々に公共の交通機関を使って行ったのだが、なんか暗い気持ちになっちゃった感じです。

俺は家にある適当な服を着て出かけたのだが、そこにはおしゃれの微塵もない小汚い格好でした。電車やバスに乗ってくる人は、おしゃれで清潔感のある格好をしている。俺は自分でかなり残念な人になってることに気付きましたよ。

俺はおしゃれにお金をかけることもできないし、どんな服を着たらおしゃれに見えるのかもわかりません。解決策も見つけられないまま、ダサい男として生き続けている。

おしゃれも気持ちからだと思う。俺はもう仕事も順調じゃないし、お先真っ暗なのでおしゃれのことなんて全く考える脳みそのスペースもないんだよね〜。みすぼらしい自分がもう嫌になってくる。

心を変えるには生き方を変えなければいけない。今のような奴隷のような生き方をしていたら、心身ともに病んでいき終いには廃人になるだろう。派遣社員なんてものは、低賃金で都合の良いように使われて、立場的な格差のせいで、いつもヘコヘコとしながら仕事をしなければならない。こんな糞みたいな人生はホント辛い。

辛いと思うのならば、そこから抜け出す方法考えて行動しなければいけないが、今の俺にはできないない。辛いと思うだけで行動ができていないのならば、自分自身の努力が単純に足らないだけだ。

自分が社会のゴミだということをしっかり理解して、死ぬ覚悟でそこから抜け出すことをしなければならない。それができなければ、社会のゴミ、いや、それ以下の存在になるだろう。

気持ちを明るくし、容姿も清潔感がありおしゃれにするためには、ダラダラと無意味な事をしていてはいけない。ぶっちゃけ、派遣の仕事なんて無意味なもの。将来に繋がるものなんて一つもありません。派遣の仕事以外で、自分が成長できるものを作っていかなくては、俺はいずれ廃人になって餓死するだろう。

今の仕事もあと5ヶ月を切りました。今の仕事はどの方向から見ても続けてはいけない仕事です。無駄な時間を作るだけになってしまう。しかし、契約は全うしなければいけない責任はある。残りの期間中にネット収入を多少でも上げて、たとえ失業したとしても、ちょっとした足しにでもできるようにしたい。無職になったらなったで、ネットビジネスにあてる時間は増える。

次の仕事もまた派遣の仕事になる確率は高いだろう。正社員というものになりたいが、多分ブラック企業にしか採用されない。派遣社員か契約社員を目指し、副業としてネットビジネスを成長させていく事を目指します。それが俺が考えるベストの形です。

社会のゴミはゴミでも再利用できるゴミのほうが価値があるだろう。俺は資源ごみを目指す。