ダメ人間の日記ブログにて学ぶ

ぶっちゃけ最近はブログのネタがなくて、記事の内容もマンネリ化している。このブログは一体何のためにやっているのか、どんな情報を発信してよいのかわからなくなっている。

このブログはダメ人間日記ブログということで、ダメ人間日記ブログとして成長させていくのが一番良いと感じる。そこで俺は他のダメ人間日記ブロガーのブログを見て、ノウハウを得ようと考えました。

サイドバーウィジェットにブログ村ランキングがあり、今自分のブログは3位になっているが、上位にいるお二人のブログを拝見させていただいた。

現在1位の「国立医学部・司法試験・司法書士全敗で現在無職の私の遺書」を拝見させていただくと、一記事一記事が目次もあったり、章に分かれていたりと非常に丁寧に記事が書かれていて、画像もしっかり入れてありわかりやすい。ページのレイアウトもシンプルながらしっかりしていて見やすくなっている。

一記事一記事に愛が込めてあり、文章に重みを感じます。俺のブログは思いつきで記事を書いているので、非常に内容が薄く、読み終わったあと何も頭に残らない内容になってしまっている。なのでコメントも付きづらい。要するに、文章は書いていても、その文章にうったえる力がまるっきりない。

現在2位の「最終学歴!職業訓練校中退」を拝見し思うことは、いかにもダメ人間日記ブログらしい見た目で、やっぱり一記事一記事が丁寧に作られていて、読んででも途中で飽きが来ない。俺的には1位になっているブログよりも、こっちのブログのほうがハマりそうな感じはする。今まであまり他の人のブログは見なかったが、これからは他のダメ人間日記ブロガーも愛読していこうと思う。まずはこのブログを愛読していこう。

最近YouTubeも始めたらしく、動画がアップされていた。動画もダメ人間日記ブロガー臭く、いい感じに味のある動画になっていた。俺はそのチャンネルを登録しておきました。次回作に期待。

俺から見るダメ人間日記ブログとは、ほのぼの感とちょっとした笑いをくれて、疲れた心を癒やしてくれるものだと感じている。ダメ人間日記ブロガーの王者のくらげネコさんのブログも、俺はほとんど読んでいません。YouTube動画はたまに見させていただいているが、嫌いなタイプの人ではない。話も面白いし。おそらくダメ人間日記ブロガーは、面白い人が多いのかもしれない。

俺はダメ人間日記ブロガーというより、愚痴人間日記ブロガーになっていると思うので、俺自身非常につまらない人間になっているのを自覚している。ダメ人間日記ブロガーになれてないのかもしれない。

自分でほぼ毎日記事を書いているが、書いててもつまらないしあとから読み返してもつまらない。なので、このブログを見に来てくれた人を満足させることなんて全くできていないと思う。

    コメント

    1. 匿名 より:

      ダメ人間日記ブログに求めるものはリアリティですかね。

      気まぐれ親父さんの日記はなんかリアルで好きですよ。愚痴は愚痴で共感を呼ぶと思うのでいいのではないでしょうか?

      くらげさんはダメ人間じゃなくてキャラでダメ人間をやっている人なんだなと気づいてからはほとんど読まなくなりました。

      無職を何年も続けるほどのアフィリ収入や貯金があり、ネット仲間もいて親の面倒もみてるのにダメ人間の設定を続けるのはさすがに無理がある気がします。

      リアルなダメ人間日記を読みたいですが、リアルにダメな人は記事を書く暇がないほどに疲弊していたり、面白い記事に仕上げたりする余裕がなかったりするので難しいですね。

    2. びっくり より:

      >一記事一記事に愛が込めてあり、文章に重みを感じます。俺のブログは思いつきで記事を書いているので、非常に内容が薄く、読み終わったあと何も頭に残らない内容になってしまっている。

      驚き。自分を客観的に見れる人だったんですね。毎日記事を書き続けるところは尊敬してるんですが、なんでこうもつまらない記事を毎日書けるのか?と不思議でした。それでも定期的にこのブログを訪れてしまうのは、必ず更新されているという安心感と、同じ匂いのする人の日常を垣間見たいという欲求からなのかもしれない。

      アドバイスというと「また上から目線か」と突き放されそうですが、たけしさんの記事は自分主体で面白くないです。俺はこう思っているとか、世の中はこうなんだという世界観を上から目線で語られる記事のなんと多い事か。しかも同じ内容の繰り返し。つまり、あなたは読者の事を考えて記事を書いていない。ただの日記だというなら構いませんが、もしたくさんの人に見てもらいアドセンスで稼ぎたいというならその方向性ではダメです。

      YOUTUBEで武井壮さんの「大人の学校」という動画があるんですけど、そこから言葉を借りるならば「経済的価値とはそれを求める人の数」です。たけしさんの「俺は俺は」の自慰行為的な記事をみたいという人がこの世の中にどのくらいると思いますか?どう考えても少数です。上のコメントでもありますが、ダメ人間のリアリティとか成長過程とか、そういうものを求めてきてる読書の方が多いと思いません?

      そこに気づいて行動しないかぎりアドセンスで稼ぐのは無理です。
      応援してます。