肉体労働と老化

昨日、仕事中に腰を痛め、現時点では昨日と同じくらいの痛みが続いており、歩くのもかなりしんどい状況になっている。

世間的に見て腰を痛めるなんてことは、自己管理ができないないとか作業のやり方が間違っているなど、そんな見方をされるだろうが、老化も関係していると思う。

俺は倉庫業務をやっているが、荷物もなんかの機械のパーツで、結構重い荷物も扱っている。20kg以上の荷物もある。それも原始的な手法でピッキングをしている。

おそらく俺の仕事上で扱える荷物の重量の限界は30kgぐらいだと思う。40kgになると、今の俺でもかなりしんどくなってくる。多分、俺も4、5年経つともっと体力が落ちるので、20kgくらいの荷物でもしんどくなってくるのかなと思う。

倉庫業務なんてものは、重い荷物が持てなければ仕事になりません。持ち運ぶのが仕事なわけで、それができなければ不必要な人材になります。底辺労働で倉庫業務の限界は45歳くらいまでだろうと、今は実感している。倉庫業務でも上の方の連中は、肉体労働はしないが、底辺労働者は肉体労働がメインだ。底辺の中年にはホントにきつい。

俺もこれから先、あまり肉体的に負担のかからないようなことをしていかなければいけない。底辺労働者の場合は、体壊しても医療費がかかってしまって赤字になります。俺も今回、ホントに歩けない状態になったら医者に行くつもりだ。今のところなんとか歩き方は変になっているが歩ける。医者に行っても医療費を払う余裕が今の俺にはありません。

今の俺はいろいろと人生経験を積んでいるので、べつに今は焦ってもいない。昔と違ってどんなピンチでも視野が広がっているので、柔軟に物事を考えることができる。人生なんてものは、運命に任せておけばうまくいくことが結構多い。逆に運命に逆らって、物事高望みしていると、しっぺ返しが来る。

腰が痛いなら、仕事しなければ良い。そして家でゆっくりと過ごすだけ。それで良い。職場の業務のことなんか忘れて構わない。どんなに迷惑かけようとも、それもまた運命。

    コメント

    1. 年収185万の派遣w より:

      お前の行く末は、どう見ても孤独死ww
      まぁ〜世の中適当に何の努力もせずにボケ〜っと生きてきた報いだよなww

      お前いつもダメ親父の事を馬鹿にしてるけど、お前も確実にそのダメ遺伝子を受け継いでやがる事にいい加減気付けよなw

    2. 月200万円ブロガー より:

      他のサイト見ましたが、あれでは収益は無理ですよ。
      きちんとステップを踏んでサイト運営しないとチャチャっとやるだけでは…