複業を目指さなければならない理由

タイトルでは副業ではなく複業と書いてあるが、複業は確実にこれから先俺はやっていかなければならないと思っている。副業はどちらかが本業でどちらかが副業になるわけだが、そうではなく、同じレベルでやる仕事を複数持つ複業をすることのほうが重要だと感じる。

本業で稼ぐことはもうできない

俺もここ数年は非正規労働者をしているが、雇用されて働くことを追求し、今よりも経済的に不安のない生活を送ろうとしても不可能です。絶対に今の状況からは脱出できません。殆どの会社が経営的にもうまくいっていないし、正社員で採用する会社なんてありません。

すでに俺自身は会社で働いて、普通の生活をしていくということは不可能になっており、生きていく手段を本気で考えていかなくてはならない時期に入っている。

俺のレベルの人間の月給は残業を含め、12万~16万程度になります。ここ数年18万円台の給料明細は見てません。そしてこの先間違いなく外国労働者の賃金に合わせられ、底辺の日本人労働者の給料も下がっていく。

なぜ副業ではなく複業なのか

どちらかを本業にしてどちらかを副業にしてしまうと、確実に副業のほうがおろそかになるし、本業というのはだいたい雇用されて働いている仕事が本業になるだろうが、本業という意識でそういう仕事をやってしまうと、無駄な労力を使ってしまう。

今は会社という場所で、どんなに努力して働いたとしても全く見返りはありません。疲れてヘトヘトになり、精神的に鬱になるだけになってしまう。どれも複業として割り切ってしまえば、そんな無駄な努力をしなければならない仕事でも、契約として業務を全うできる。

今の俺は、雇用契約書にハンコを押してしまった以上、給料が低いとか業務内容が辛いとか、勤務先に抗議はしてはならないと思っている。たまに見かけるが、給料が低くて会社に対して駄々をこねている奴、俺も高校卒業したあと入社した会社にもいたが、あれは大きな間違いだと今は思っている。

俺は今の派遣の仕事も複業として考え始めているので、無駄な考えは持たず、ただ契約を全うするためにだけに意識を集中させ、無の心で業務をこなせている。そういう意識でいれば、くだらぬ人間関係の悩みなんて全く気にしなくなるし、多少仕事がきつくても、これは契約だと割り切れる。契約を全うできなければ、社会的信用をまた失うことになるので、自分にとってマイナスになる。

どんな複業をするのか?

複業ライフを作っていくためには、なんでも良いから雇用されて働く仕事を一つ持つ。そしてあまり時間を拘束されるような仕事には就かない。時間は貴重で、時間をその仕事一つに奪われてしまうと、他の複業ができなくなってしまう。勤務時間がある程度はっきりしている仕事が良いと思う。

雇用されて働く仕事以外に、ネットを使ったビジネスをしていくのが良いと思う。俺はもうそれしかないと思う。いくつも非正規労働の仕事を掛け持ちすることは全く意味がない。将来的に資産を発生させられるものを作らなければ意味がない。

派遣の仕事を一つやって、空いた時間に他のバイトをしてお金を稼ぐ。俺はこれは全く意味がないと思う。体も壊すし働けない状態になったら一発でアウト。インターネットを使ったビジネスは、いつでもどこでもやることができる。そしてある程度コンテンツが成長していけば、不労所得を得ることができる。

このブログも毎日収益が発生し、日に日に増えてきている。俺もこのブログ自体どのようにこれから運営していくのか、試行錯誤しながら毎日記事を書いている。まだまだ試行錯誤中です。

まずはネットでブログでも動画でも配信でも何でも良いので、情報を発信してみることが重要で、なにかが見えてきたら、その媒体を拠点にビジネスにつなげていくのが良いのかなと思います。どんな情報でも発信し、マネタイズさえされてれば収益は発生します。こんなブログでも収益が発生してしまうんですよ。インターネットで情報発信は絶対にやったほうが良い。