体を壊す

今日は職場はインフルエンザで休んでいる人が何人かいて、その分かなり急がくて、俺も元々体調不調で無理して仕事をしていたが、めまいがし座り込んでしまった。

周囲には助けてくれる人がいないので、無理やり業務を続けていました。

そんななか、直接雇用の老害は俺にちょっかい出してくるし、課長はアホで仕事を把握していないし、俺は体調が悪いのに無理して仕事をする意味がわからなくなった。

老害なんて全く協力性もないし、仕事もできるわけでもないし、俺もそのクソジジイをいつぶん殴るかわからない状況になっている。そのくらい腹が立っている。

このブログを職場の人間が見てる可能性があるかもしれないが、これが俺の本音でもあり、経営は完全にオワコンなんだよと言っておきますよ。

俺は来週は体調がかなり悪いので、職場は人員不足だがしばらく休むことにした。それで会社の経営が傾いたら、それは俺のせいではない。最初から間違った経営を続けていたという話だけです。

本来なら人員をローテーションさせて全員に仕事を覚えさせるのが常識です。単純に1人の人間にどんどん仕事を押し付けるのは、いざというときにデメリットになる。仕事ができる人間は、それなりに覚えられる量も多いが、その人間がいなくなれば業務は確実に止まります。

俺も30代前半までは食品の会社で管理職について、1つの工場を受け持っていたが、2時間ローテーション制で、すべての人にすべての仕事を覚えさせていました。なので誰かが仕事に出れなくても、代わりの人間が確実に確保できました。

そしてリーダーにあたる人間1人が仕事ができても意味がない。俺は家に仕事を持ち帰って、仕事の手順のマニュアルを作って、従業員が誰でもそのマニュアルを見ながら作業ができる状態にまでもっていってました。今の職場にはそんな奴いない。俺から言わせれば、ただのたまり場状態になっている。職場ではない。

今の職場はブラック企業以下で、もう先はないだろう。そもそも職場を見ても会社組織が存在していない。