レーダー探知機代わりにAndroidアプリ「早耳ドライブ」を導入

早耳ドライブ

俺はスマホでドライブアプリは常に利用しており、カーナビは「Yahoo!カーナビ」、ドラレコは「DailyRoads Voyager」を使用しております。そしてレーダー探知アプリを探していたのだが、なかなか見つけることはできませんでした。

そもそもスマホはレーダーを探知する機能はないため、そんなアプリは存在するのかしないのかも定かではなかった。そんなとき面白そうなアプリを発見。

交通情報共有アプリ「早耳ドライブ」というアプリを発見したました。機能面から見れば、レーダー探知機に見えるが、実際はレーダーを探知するのではなく、情報を共有するアプリみたいだ。ここでねずみ捕りをやっているよと誰かが投稿すれば、それが地図に表示され音声で警告してくれるようです。俺もまだ実際に使ってはないのでよくわからないが、今日からこのアプリを使ってみます。

情報の投稿も簡単で、ユーザー登録をすれば数回のタッチ操作で投稿できます。

ホントはアプリではなく、ちゃんとした機器が欲しいのだがお金がないのでスマホのアプリで済ましています。しかしながら、カーナビとドラレコのアプリは使い勝手が良いわけですよ。

カーナビは、インターネット接続とGPSが受信できればカーナビに必要な機能を満たしているわけで、スマホでカーナビはできて当たり前でしょう。だから完成度も高い。

ドラレコは、カメラがあってGPSが受信できればドラレコの必要な機能は満たされます。なのでスマホでも余裕にドラレコを再現できる。

レーダー探知機は、スマホにはレーダーの受信機がついていないので、おそらく市販の機器と同じようなことをするのは無理だと思う。情報の共有でレーダー探知機に似せた物はできると思う。ただその情報がどこまで信頼できるものなのかはわかりません。レーダー探知機だけはスマホでは完全再現はできないだろう。

俺のメインスマホ「nova lite 2」はとことん使い込んでいます。使い込みすぎて寿命が短いかもしれません。新しくスマホを買うなら今年は買いません。来年あたり5Gになるとかならないとかの情報も世間ではあるが、それなら来年まで待って5G対応のスマホを購入したほうが良いだろうと思っている。

ランキングをチェック!