酒はブログ活動を衰退させるかもしれん

最近毎日程々の酒を摂取しているが、酒を飲むと嫌なことを忘れていい気分になってしまいます。しかし、それがブログ活動を衰退させる行為だと気づき始めている。

ブログを書くときは、何気なく送っている日常の中で感じたことを記事にするのだが、酒を飲むといい気分になってしまって、飲んでいるときだけ幸せ感に満ち溢れ、日常のことが頭から消えてしまいます。その状態でブログの記事を書こうとしても、頭の中が空っぽな状態なので、無理やり文章を書いている状態になってしまいます。ここ最近の記事は、ずっとそんな調子です。

ブログの記事というのは、日常のいろんな出来事があって、頭の中でいろいろ考えたり悩み苦しんだりしているから記事になるわけで、酒飲んで頭の中がすっからかんな状態では記事を書ける状態ではなくなってしまいます。

今日からブログ活動のために、やっぱりアルコールの摂取はやめようとお思う。これで何回目の禁酒宣言になるかは定かではないが、ブログの記事を書くために酒はやめようと思う。俺にとってブログは重要なものだし、最近は収益を得ることができている。ブログの記事を書くということを、軽く考えてはいけないだろう。

最近一記事あたりの文字数も1,000文字超えていない記事ばかりになっているが、酒を飲んでいる影響もかなりある。頭の中が空っぽになっているのに、文字なんか書けるわけもない。

しかし、俺もブログをやっていてブログの分析は常にやっています。昨日はこのブログにはGoogleアナリティクスを導入し、更に分析力はアップした。俺のこのブログの場合は、検索されてこのブログに辿り着く人もいるが、Twitterから来る人も結構います。あとは昔からの常連さんが、ブックマーク登録していて定期的にこのブログに訪れています。

なので一記事何文字以上が集客しやすいというのは、GoogleのSEO対策の1つで、今はGoogleのSEO対策をして効果を出せるのは企業ぐらいなもので、個人がSEO対策を頑張っても無意味です。なので、俺のようなブログの場合は一記事何文字以上書かなければならないというのは、もう関係ないと感じる。何万文字書いたところで、企業でやっている記事には勝つことはできません。それよりも2分か3分で読み終えることができる、内容が充実した記事を書くことを目指したほうが良いと感じる。あまり長い文章は読む気がしないと思う。

俺のブログの集客は、Googleで検索して来る人だけではなく、SNSから集客する方法を今は取っている。Googleの検索だけで集客をするのは、俺からすれば1,000%無理ゲーだと感じる。

ダメ人間日記ブログ 青空と現実をもっと色んな人に見てもらうためにも、酒を飲みながら記事を書いている場合でもないだろう。もっと真剣に記事を書かなければいけない。

ブログ活動は頑張らなければいけないけないが、派遣の仕事は適当でいいだろう。ブロガーとしてはガチで成長しなければ・・・。