崩壊する職場

もう今いる職場も崩壊寸前に来ている。労働力不足で仕事があっても来月からは業務を回すことができなくなります。しかしそれも過去が生み出した結果に過ぎません。

直接雇用の人間も派遣社員によりかかりすぎた為、自分らの能力を育ていることもしなかった。派遣社員は立場上反発もできないので、言われたことはやるしかありません。そうやっているうちに派遣社員が習得する業務が増えてくるが、直接雇用の人間は習得するとうことをやってこなかったために、派遣社員にやらせている仕事がわからないという状況になっている。

派遣社員は所詮職場から見たら部外者。いつ職場を去ってもおかしくない存在です。そんな存在に寄りかかった派遣先が間違っていたと感じる。今直接雇用の人間は暗い顔をしているが、暗い顔をしているだけでは問題解決にはならない。業務をこなせなくなれば、仕事を失い自分らの居場所も失います。そんなものを助ける者なんて1人もいないし、世の中は冷酷で駄目な会社は潰れます。

ま~、俺自身も冷酷な社会に立ち向かわなければならないので、今いる職場どうのこうの考えている余裕もないだろう。自分のことに意識を集中するべきです。

1年ちょっと今の職場でも辛いこともあったが、また経験が増えたのでそれだけでも良かったのかなと思う。今の仕事をやって、習得できた能力というのは少なからずあるわけですよ。業務内容も他の職場でも活かせるものもあるだろうし、業務の回し方も俺の場合は段取りを付けて、一番ベストな作業効率で業務をこなすというのが習慣づいていて、今の職場でもこういうやり方なら生産性上げられるなとういうことを考えてやってきて、辞める間際になって結構美しくスピーディーに仕事をこなせるようになりました。そういうことをやっていると脳みそが鍛えられて、次の仕事でもその脳みそは活きると思う。俺は仕事は研究しないと駄目だと思う。最小限の力で最大限の力を発揮するようにしなければ、こんな不況の中では生き残れませんよ。

無駄にがむしゃらに体を動かしても、生産性が上がらない人をよく見かけるが、それは周囲の状況を全く見ておらず、目の前の仕事を急いで仕事をしているだけになっているからですよ。俺は体中の全部の神経をコントロールして仕事をしています。周囲から見れば、そんなに激しい動きしていないのに仕事が早いなとビビると思う。頭の中で業務の流れが見切れている。だから職場の従業員全員がそうなれば、職場も確実に発展するとは思うんだけどね。絶対労働力不足になんてならない。そして労働者が逃げ出すようなこともなくなるだろう。

今の職場は天の裁き受けるしかない。俺も天の裁きを受けますよ。俺もひきこもりになってうつ病になる可能性も無きにしても非ずってところです。