親父が呆けが始まってるかもしれん

俺

どうも。久々に俺が登場してやったぞ!

今気持ちよく写真撮影してブログにアップしようと思ったが、受け入れたくない現実を今見つけてしまった。ホントはおちゃらけた写真をアップしようと思ったが、一気に不安感に満ち溢れる顔になってしまったわ・・・。

今便所に行ったら、便器の中にマスクが捨ててあった。親父の仕業です。親父の行動に関しては度々おかしなところもあるし、それよりも全く会話ができなくなっています。それがただのうっかりミスで起こることなのか、それとも痴呆症の前触れなのかは微妙なところです。

十数年間社会との接点が全く無いので、頭がおかしくなるのはしょうがないことなのだが、痴呆症だとすると少々厄介なことになるだろう。俺の親父はすべてのことに関して、親父が思ったとおりの行動、返答でないと気が狂ったように怒り出します。なので俺は20代の頃から殆ど会話はしていません。

俺自身も今大変な時なのだが、何があってもそれは神が与えてくれた試練だと思って、心を取り乱さず問題を1個ずつ解決していきたいと思っている。たぶん俺はどん底に落ちないとハングリーになれない人間なので、なんでもないときは中途半端なことしかできない。

試練は人生のバネみたいなもので、乗り越えれば今まで以上に人生は変わっていくとは思う。今の俺の状況は中途半端に人生を変えるよりも、大きく人生を変えていかなくてはいけない。

俺はしなやかに戦っていきますよ。そしてめげない! トライ! トライ! トライ!

そんな感じです。