コンフォートゾーンからなかなか抜け出せない

落ち着く場所

3月まで働いた派遣の仕事の職場は、1年ちょっと勤務をしたが、どんなに腐った職場でもそこが自分にとって落ち着ける場所になってたりもします。

コンフォートゾーンから気持ちが抜け出せない

今就職活動をして、新たに自分が働こうとする職場を探しているが、本音を言えばもの凄く不安です。できれば今まで働いていた派遣の職場でずっと働きたかったという気持ちがある。しかし、職場の劣悪な状況、完全に道具のように業務をこなしていた毎日を考えると、そのコンフォートゾーンから抜け出さなければいけないだろう。

たぶん俺は、どの職場に行っても同じことを繰り返しそうな予感はする。その職場にいて時間が経てば、そこが自分の居場所になるが、一向に生活の豊かにならないし、不満もどんどん溜まり、もしかすると正社員で採用されたとしてもまた辞めるかもしれない。

自分の居場所はブログを書く場所が一番良い

ブログで収益化ができていて、収益もちょっとずつ伸びていて、お金の流れるルートは完全にできている。あとは人を引き寄せる力の問題です。人を引き寄せることができれば、収益もそれとともに伸びていきます。

ブログはいつでもどこでも書くことは可能だが、ブログを書いている場所が今は比較的一番居心地が良い場所になっている。収入はまだまだだが、記事を書くことも苦ではないし、収益も伸び始めている。

まずは月1万円の収入を目指します。おそらく月5千円の壁をクリアするのは、もう近いと思う。常に試行錯誤して、どういう記事を書くか、どういう仕組を作るかを考えながらブログ活動をしていきます。そういうことをする時間がどんどん増えて、それが自分のコンフォートゾーンになればいいなと思っている。それなら死ぬまでそこを自分の居場所にできるだろう。

一時的なコンフォートゾーン

今俺は仕事を探しているが、それは一時的なコンフォートゾーンを探しているに過ぎないと感じている。死ぬまでその職場にいるというわけではない。おそらく今の年齢から考えれば、俺の働ける期間は定年もあるのであと20年もあれば良いほうだろう。

そして働いている職場も、時代についていけなければ潰れていきます。これからの時代は俺なんかが予想しているよりも、どんどん変わっていきますよ。俺も世の中の変化には敏感な方だが、たぶん俺の予想を遥かに超えた変化が確実に訪れる。

その変化についていけない会社は、バッタバッタと潰れていくだろう。おそらくこれからの20年間の間で間違いなく世の中はとんでもない変化をするだろう。

所詮、必死に今俺は仕事を探しているが、それも将来的には無意味になります。製造も昔ながらの製法をしていて、最新の製法に切り替えないと会社は潰れます。物流も人ではなくロボットが活躍する時代に間違いなくなる。ピッキングをするにしてもバーコード読み取って、行き先ごとに仕分ける作業なんてかなりロボット向きの作業だろう。そんなものはもう人の手でやる時代は終わってると思う。Amazonの倉庫のロボットが凄いが、それがこれからは当たり前になりますよ。

自分の居場所はネットの中

俺はリアルの社会で永遠の居場所を作ることはおそらく無理でしょう。俺の居場所はネットの中なら作れる。というか、ネットをいじれる場所が、俺の居場所になります。自分の部屋でも車の中でもお店の中でも、ネットがいじれていればそこが俺の居場所です。

どうも今の俺は、リアルでは自分の居場所は作れません。ブログは俺が書ける状態なら、ほぼ毎日書いていきたいと思っている。おそらくブログをやめることは、人生をやめることと等しいだろうね。

ランキングをチェック!