時給労働に依存しすぎない

これからの時代は正社員もクビを切りやすい状況になっていき、賃金も仕事がずば抜けてできる人なら上がるかもしれないが、凡人は給料も上がらず低賃金のままだろう。

派遣社員が必要なくなる

低賃金で使える正社員を雇用していれば、派遣社員など必要なくなるのではないのかなと思う。派遣社員は時給に関しては正社員よりも割高になっているパターンもある。まー、俺は低スペックな人間なので、そんなパターンにはなったことがないけどね。

新しいビジネススタイル

企業が正社員という肩書をちらつかせ若い人材を獲得し、その若い人材が50代になる寸前で自主退職を求めたり配置変更して辛い職場に回す。おそらくそれが、これからの新しいビジネススタイルになるだろう。

世の中正社員という言葉にものすごく憧れ、夜の街灯にたかる蛾のように集まってくる求職者も多いだろう。しかしそれはトラップの確率が高い。使うだけ使われて中年になって会社に捨てられる人生が待っている。会社から見れば50歳以上なんて役に立たねえからね。

正社員は人生を都合のいいように拘束されるだけ

正社員の特権は、安定して給料も上がっていって定年まで働けるというメリットがあったが、それがなくなったら非正規労働者とさほど変わらんだろう。定年まで働けるといっても、実際に生産性が低い人間でも、自分から辞めようとしなければ会社に残れていた。

これからはホントに責任感があって、仕事が抜群にできる人材しか定年まではその会社に残れないし、仕事ができる人間はダメ会社には残らず、転職もするだろう。結局はダメ会社はダメな従業員はクビにするけど、仕事ができる従業員には逃げられ、従業員がいなくなって倒産ということになる。

既に時給労働は崩壊している

会社という組織が崩壊しまくっている以上、時給労働に依存することは危険だと思う。それだけにすがってしまうとホント奴隷になります。時給が1,500円くらいならば時給労働をしていても生き続けることはできるだろうが、時給1000円前後かそれ以下になったら、その労働に依存しててはいけない。マジに餓死する運命が待ってますよ。ましてや非正規労働なんて、手当もないし、賞与昇給もない。

俺の場合は完全に時給労働から離れることは、自分のスペック的には無理です。しかし、時給労働は徐々に減らしていくべきだと考えている。それには、自分自身でお金を稼ぐ手段を作っていかなくてはいけない。

ということで、今日もこれからエア出勤をしてきます。でわ。