平成が終わり令和に・・・

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

令和

今日で平成が終わるのだが、平成は俺的には暗い時代だったような気がする。

平成5年に俺は社会人になったのだが、最初に入った会社で7年目でクビにされた。その後残業が月100時間超えるような会社で10年間働いて、心も体も耐えきれず最後は退職。その後は踏んだり蹴ったりだった。もう思い出したくもないようなことばかりの思い出しかない。

令和がスタートした途端、俺はまた新しい低賃金の派遣労働をすることになっている。来月の7日からスタートします。気が重いったらありゃしない。これりゃあ令和も暗い人生になるのは即予想ができるわ〜。

俺の世代は冴えない連中が多いと思うが、マジに底辺労働だけをやっていっては自殺するしかなくなってしまいます。国なんか助けてくれませんよ。俺なんかの世代を人生再設計第一世代と呼ぶようになり、国がどうしょうもない中年を正社員になるために対策をするみたいだが、そんなものは将来生活保護受給者が増え、またお金がかかるので単純にそれの防止策にしか過ぎません。ただもう手遅れだと思うが。

人生再設計第一世代と呼ばれている人は、なんでも良いから自分のビジネスを作って、1円でも良いから稼ぐ努力はしたほうが良い。1円でも稼げれば、増やせる可能性も出てきます。1円稼げるか稼げないかというのは、お金を稼ぐ方法を知っているか知っていないかの大きな違いがある。中年は絶対に自分のビジネスを育てるということをしていかないと、最後自殺しなくてはいけなくなる。たぶん選択枠はないと思う。

とにかく令和も俺は腐らないように生きていこうと思う。

    スポンサーリンク

    フォローする

    スポンサーリンク