川崎事件 「一人で死ねよ」発言はまった!

殺人

川崎で酷い殺人事件が起きてしまったが、犯人に対して「一人で死ねよ」と思う人が多いかもしれないが、間違いなくこの殺人鬼に近い人間は今の世の中には多くいる。

底辺労働者と引きこもり

底辺労働者と引きこもりは、この殺人鬼のような予備軍でもあります。俺自身も「一人で死ねよ」と言っている人に対して良くは思いません。社会に奴隷のように使われてしまっている人間、見放されている人間は多少なりとも社会に恨みは持っている。

テレビに出ている連中が、「一人で死ねよ」発言の連発をしているらしいが、何もわからん奴が公の場で、そんなことを言えば予備軍たちの心に火をつけるだろう。

このタイプの人間は社会への復讐心と、絶望感を持っているので、必ず自殺をする前に復讐をしでかします。復讐をしなければ死ぬことができません。復讐は死ぬ前の工程の一つに過ぎません。

このタイプの事件の防ぐには

このタイプの事件は、対策はないでしょう。日本が崩壊するまで増え続けます。日本の底辺の人間はとことん追い詰められている。殺人が起こることは防ぎようがない。

これから先、金欠になる中高年もかなり増えてくるので、何も失うものがない「無敵の人」化して、かなり治安が悪くなることは予想されます。

俺は前々からブログでも、日本はスラム国家になると書いているが、どう考えてもそうなるし、それが自然の流れです。自然の流れは、人にはどうすることもできません。

俺は「無敵の人」に・・・

俺は「無敵の人」にはならない。俺はどんなにダメ人間でも、信用がない人間でも、子供たちを刃物で切りつけることは不可能。しかしながら、大人に対してはわからんけどね。この世の中は理不尽なことが多い。限度を超えれば普通に反撃はするだろう。それも自然な流れだ。

今の時代の大人は、次の世代のために何も残すこともしていないし、挙句の果てに子供たちに恐怖を与える世の中にしてしまった。悲しい時代だ。

俺には子供はいないが、よその子供が恐怖で怯えて泣き叫んでいたら、俺も心が痛くなるわ。子供を虐待する親もいたり、刃物で切りつけるキチガイいたり、子供の顔を見ながらよくできると思うわ。

憎たらしい大人はいっぱいいるが、子供の顔には希望が満ち溢れており、俺からすれば光のようなものだ。現代の大人は俺も含め、病気になっている奴や、腐っている奴が多過ぎるのよ。

しかし、日本はすでに死んでいる国だと思う。復活はないと思う。日本人もじきに天然記念物レベルになるくらい減少し、次第に純粋な日本人はいなくなるだろう。