引きこもりがおかしな方向に進まないためには

テレビを見ると中年の引きこもりの話題が盛んに放送されているが、なんかおかしなことばかり言っている奴が多いなと感じます。

引きこもりが会社組織で働いてはダメ

引きこもりが無理して会社組織で働こうとすることは、余計に精神状態を悪化させます。会社組織で働いている奴に、人間ができたまともな奴なんて一人もいないし、そんな環境で1から働き出しても、引きこもりなんてイジメの対象にしかなりません。

引きこもりを快く受け入れてくれる会社なんて、この世の中1社もありません。引きこもりがいざ業務をしようとしても、頭が回らないので業務も覚えることができないし、周囲も引きこもりだったというだけで、偏見の目で見られるしハラスメントも当然受けます。

引きこもりが会社組織で働こうとすることは、デメリットでしかない。

引きこもりはビジネスを研究すべき

引きこもりは会社組織で働こうとすることに重点を置くのではなく、自分自身で稼ぐ力を身に付けることに重点をおいたほうが良い。こっちの方が将来的にプラスになることもあり、メリットがあります。

非正規労働者として働いているだけでも、いずれ雇ってくれる会社もなくなり、金銭面で破綻します。俺も非正規労働者として働けるのも、あと10年はないと見ている。おそらく50歳くらいになると、底辺の非正規労働の求人に応募しても採用されにくくなるのかなと感じている。若い外国人労働者の増加で我々底辺労働者は追い出しを食らう。外国人労働者には俺は絶対に全てのことにおいて勝てません。

引きこもりも底辺非正規労働者も、自分で稼ぐ力を身につけていくことは必要です。

ネットでの情報発信からスタート

俺も今年の3月と比べると、ネット収入が数十倍に膨れ上がっています。ネット上で何かしら人に影響することをやっていれば、それがお金に変わります。個人ができるビジネスといったらこれくらいしかないだろう。

今更、店舗を構えて起業って時代でもないだろう。引きこもりの人間がそんなことやらかしてしまえば、大きな借金作ってしまうだけです。

引きこもりはブログやYouTubeをビジネス意識を持ってやるのがいいと思う。趣味としてやってしまうと、俺のようにだらだらと成果がなかなか上がらない状態になってしまう。最近は、俺もブログで収益を得ることを意識して、記事を書いてます。それが反映されるのは、少し後の話になるだろうけど、ブログもYouTubeもいきなり大きな収入を得られるものではない。毎日コツコツやるのが良いのかなと思う。

俺はブログだけでは、お小遣い程度の収入にしかならないので、ブログを起点に別なことをやろうとは考えている。ただしブログ収入もこれから先、また増えていく可能性はまだまだあるし、逆に増えていかないほうがおかしいくらいの感じです。日に日に収入は増えてはいる。

引きこもりの人は、無理にリアルで社会と接点を持とうとするのではなく、ネットでまずは情報発信をするべきだと思う。なんでもいいから自分の思っていることをブログで書いてみる。そうやっているうちに、収益を得られるようになるかもしれません。それが今の俺の状態です。

引きこもりは自分の時間がいっぱいあるので、まずはブログを書いて、自分の心に整理をつける。そのあと、そのブログが成長してくれば、なんらかの形で収益を作れる仕組みが作れるかもしれない。