70歳までできる働き方

今日は体調を崩し、仕事を休んでしまった。体調を崩すといっても風邪ではなく、とにかく体が疲労感に襲われて動かなくなっていました。

底辺労働を切り繋いで働くことは不可能

俺は今日体調崩して思ったことは、底辺労働は単純に肉体にダメージを与えてしまう業務が多く、それを老人になるまで続けることは絶対に不可能だと感じた。

今俺がやっている仕事も、60歳の自分だったらおそらく体力的にかなり厳しい状況になると思う。44歳の段階で体に激痛が走るレベルで、歩くことも困難になっている状態です。とくに派遣の仕事はこういう仕事が多い。

なので老後まで底辺労働で切り繋いでいけばいいや的な考えは、かなりまずいと感じる。

老人になってもできる働き方を今から構築する

歳をとってから慌てて、老人ができる仕事をやろうと探しても無理な話で、今から老後までできる働き方は構築していったほうがいいだろう。

底辺派遣労働は論外です。実体験からいって老人ができるような仕事はありません。ほぼ肉体労働です。そして若い連中にこき使われます。

これは俺に限ったことではないが、自分自身で仕事を生み出し、自分のペースで老後までできることを見つけていかなくてはいけない。会社勤めで老後まで働き続けることは、今の時代は難しいでしょう。45歳で早期退職を迫られる会社も多いし不可能です。

俺にできることって・・・

俺にできることは見ての通り何もない。今の時点ではこうやってブログを書いて、少額の収入を得ることしかできません。この状態から進化できるものがないかと、今は常に考えていて、ネットや本で情報収集をしている。

今のところこうやって文章を書いて、ちょっとした合間に読んでいただけるような読み物を書いていき、自分の考え方の発信や今のところ価値のある情報は提供はできていないが、価値のある情報の提供をどんどんしていきたいと思っている。

ブログ訪問者も随分と増えてきているような気がします。なのでブログの記事を書き続けることも苦にはなっていません。まだまだ記事の質が悪いので、勉強しなければならない部分もかなりあるが、今のところ俺にできることはブログしかない。他にやれることが全く思いつかない。

ブログに関しては、ちょっと空いた時間にスマホでささっと読んでもらえるようなものを目指しています。ブログの常連になってもらって、今日は気まぐれ親父はどうなんてるんだろう的な感じで、ブログを見に来てくれるのが俺が望んている感じです。暇な時間に俺のことが気になって、ブログをちょこっと覗いてしまう。そんなブログを目指しています。