「無敵の人」 引きこもりは犯罪者です

俺もおそらく来月から引きこもりになると思う。引きこもりになる理由って、俺の場合は単純にまともな仕事がないってだけじゃねえって気もする。月の手取りが12万か13万で、誰がどぎつい仕事やりますかってところです。

世間では当然引きこもり=犯罪者です

この世の中、引きこもりに対してよく思う人なんてまずいないだろう。テレビでは引きこもりをかばうような言動も聞くことができるが、実際は引きこもりは危険人物でしかない。

そして通り魔殺人事件が起きてからは、引きこもりは犯罪者予備軍に見られてしまうのはしょうがないことだろう。べつに引きこもりが悪いわけではないが、世の中がそう考える人がほとんどなので、引きこもりがどう正義ヅラをぶら下げようと、犯罪者予備軍でしかない。

俺も来月からは完全に犯罪者予備軍になるが、それは素直に受け入れようと思う。世間では働きもせず、社会貢献もしていない奴は罪人です。

正直俺も働く気力がもうない

給料が安すぎるしそのくせどぎつい労働で、俺もマジで心身が病みかけているし、すでにワーキングプア状態になっていて、なんのために働いているのか全くわからない状況になっている。

しかし、このような労働をしなければ、世間から見たら社会不適合者でもあり、そして引きこもりになれば犯罪者のような視線を浴びることになる。

奴隷労働ができない奴は罪人です。それが今の日本のスタイルの一つです。奴隷労働を日頃からしている奴が、突然エリート集団に入ることは、地球がひっくり返ってもありえないことで、奴隷は奴隷労働を誠意を持ってすべき。それが今の日本の働き方です。

ただし、俺は弱い人間なのでそれができんのよ。また俺は来月から犯罪者予備軍になり、そして「無敵の人」にもなります。

暴力が支配する時代

キチガイが街中で刃物を振り回すことが、流行する時代に突入しかかっています。これは防ぎようがないので、生き延びたい人は刃物マンに対する護身術でも勉強しておいたほうが良いだろう。これからの時代は何事も勉強しない奴は生き残れません。

真面目な話、刃物マンブームは到来すると思う。なぜなら、世の中のしくみや状況が理不尽すぎて、特に底辺層がそれに苦しむことが多い。精神が病んで引きこもりになるのは当たり前の話で、引きこもりが増加してしまうのは、国がどうあがいても対処しようがありません。

自分自身が引きこもりになって「無敵の人」ならないようにするためには、1%の希望を持つと良い。俺の場合はネットで得られる報酬です。その1%の希望を持つか持たないかで、殺人鬼になるかならないかが決まると感じる。

殺人鬼は確実に増えていくのは間違いない。とくに視野の狭い堅物の真面目が危険だろう。突然リストラ食らった社畜は要注意。そういう人は、普通のニートよりも世の中に対して恨みを持ち絶望感も持っている。その感情は早急に消し去ったほうが良い。