俺の体調と母ちゃんの状況

俺は朝から自分のことで病院へ行き、先月の検査結果の知らせと薬を処方してもらった。

俺は副腎の機能が低下しているという疑いがあり、副腎が炎症して腫れているとか、悪ければ副腎に腫瘍ができているとか、そんな感じの疑いがあったが、検査の結果副腎には異常が見つからず、俺はただの高血圧という診断をくだされた。

まー、高血圧も馬鹿にはできないし、放置していれば脳の血管が危険です。とりあえず俺はこれからも血圧を下げる薬は常用しなければならなくなった。

母ちゃんの件は今日から入院ということで、しばらく家にはいません。母ちゃんは真面目に先生の言うこと聞いてくれればいいが、たまにサボるからちょっと怖い。

母ちゃんの食生活も結構ヤバイ。親父がいつも油ギトギトの肉料理を作り、母ちゃんそれをよく食べていた。母ちゃん自身は料理は下手で作れないので、親父が作っていたものを食べてたし、作ったものに対して親父に何かを言えば、親父は怒り出すので母ちゃんは黙って食べ続けていた。

そういう食事を何十年も続けていれば、大腸癌になるのは当然なのかもしれません。一番大腸癌になりやすい食事をずっと取り続けていた。退院後の食生活はホント気を付けてもらいたい。俺も念を押して、食事のことも先生の話をよく聞くんだよと言っておいた。

大腸癌の手術の直後は、食物繊維はNGだし、食べるものもしっかり管理しながら食わないと、大腸を悪化させてしまう。母ちゃんは人工肛門はつけなくてすむのだが、なにかトラブルが起こればそうなりかねない。母ちゃん自身もそれを自覚しているのかしていないのかはわからないが、今日の朝まで食欲が凄いわけですよ。俺よりも食べる量は多いです。あれでは体もぶっ壊れるわって感じです。

母ちゃんも癌が見つかってから1ヶ月が過ぎたのだが、もういい加減に入院して手術して悪いところ取ってもらわないと、癌が進行するので、とりあえずは比較的健康状態が良好のまま入院できたので良かったのかなと思う。

これで今癌が見つかんなくて、数年後に症状が出てから癌が見つかったら、その時は手遅れになると思う。母ちゃんはまだ症状に出ておらず、血液検査で癌が発覚したので、発見は遅い方ではない。

母ちゃんは今日も元気な感じで、朝ちょっと旅行に行ってくるとかジョーク言ってた。顔見てもそんなに体調悪そうでもないし、痩せてきているわけでもない。俺は、母ちゃんの背中をなでなでしてまー頑張れやと言っておいた。

俺は俺でやることがある。明日は面接があるわな〜。母ちゃんが退院するまでには仕事が決まればいいなと思っている。