求人に騙される

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

俺は求人に応募するときに気を付けなければならないなと、感じることがあります。

俺はindeedでよく求人検索するのだが、頻繁に表示されるスポンサー求人や、いろいろなサイトを見ていて、そこに貼ってあるアドセンス広告に頻繁に表示されてしまうような求人は要注意だと感じた。

会社もそれだけ離職率も高く、お金をかけて必死に人材を集めようとしているわけで、indeedのスポンサー求人、アドセンス広告に頻繁に表示されている求人は応募は避けたほうが良いだろうと思う。

俺の今している仕事もそんな感じで、indeedのスポンサー求人の常連だし、アドセンス広告にも常に表示されていて、その求人と実際の職場の状況は次元が違うほどで、人員不足で仕事はかなり過酷になっているし、ぶっちゃけ今俺は最悪のパターンに嵌ってしまった。

まー、俺はもうあとがないのでこの仕事を続けるしかないのだが、働きながらでも他にキャッシュポイントを作って、早く今の職場から逃げられるような状況を作っていきたいと思っている。金さえあれば、今の職場にいる必要性は全く無い。

40代半ばで採用される職場なんてものは、ろくな職場はないと感じました。本当に自分がイキイキと生きていきたいのならば、自分自身でお金を作る力を作り、自分のペースで生きられる状況を多少でも作ったほうが良いだろう。100%その生活に持っていくことはできないが、週3日バイトをして、それ以外は自分自身でネットでお金を稼ぎ生計を立てる。そんな生活を50歳までにはしたいものです。

ちょっと前に、人生再設計第一世代の就職支援の話題があったが、今はどうなっているんでしょうか? 俺は1回引きこもりになった人が、ふざけた会社に押し込められても、100%働けないと思います。会社自体が鬱病になっているので、そんな職場で引きこもりが無理して働こうとすれば、一層社会復帰ができない状態に陥るのではないかと感じます。

今の仕事を5年続けるのは長すぎるかもしれん。自分で新たなキャッシュポイントが作れて、それが安定しているものだったら、もっと早く退職したほうが良いかもしれないと感じました。

とりあえず今日は出勤。正社員じゃないので、辞めたきゃいつでも辞められます。

    スポンサーリンク

    フォローする

    スポンサーリンク