親の看病と親父の行動

夏休み

俺は夏休みはなく、普通に仕事です。求人にはGW、夏季、年末年始の休暇はあることになってたんだけどね〜。・・・嘘でした。

母ちゃんの看病

母ちゃんが来月から8ヶ月間くらいだったか、抗がん剤の投与が始まります。何回も病院に行かなくてはいけないのだが、親父がまたもや嫌味ったらしいことを言いだしている。

母ちゃんの送り迎えをするのが面倒らしく、遠い病院まで母ちゃんを1人で通院させようとして、俺に対しても嫌味を聞こえるような声で口走っていた。母ちゃんは現時点では車の運転はできないし、抗がん剤の点滴の時は必ず送り迎えが必要だと医者は言っている。

俺は母ちゃんが抗がん剤の点滴をする時は、親父が送り迎えをしなければ、俺が仕事を休んで母ちゃんの送り迎えをすることになった。そのためには今の仕事はクビにされても仕方ないし、所詮やる気のない仕事なのでクビでも後悔はない。

親父は大腸癌の手術でまだ大腸が完治していない母ちゃんに、カレーを食わせようとしたり危険な行為が少々目立つ。カレーなんて刺激物だし消化の悪い具材が入っていて、そんなの食わせたら手術後間もない大腸にダメージがきてしまうのは、普通に考えても予想はできるし、病院から貰ったパンフレットにもカレーがNGなのが記載されている。

とりあえず、抗がん剤の投与が8ヶ月間くらいかかるらしいので、親父が母ちゃんを送り迎えできないのならば、俺がその耽美仕事を休んで母ちゃんを病院へ連れて行こうと思う。母ちゃんは癌になっているし、動きが取り辛くなっているにも関わらず、放置していてはあまりにも可哀想過ぎる。

親父は俺が仕事をしに行っているとは思っていない

俺は毎朝出勤はしているが、親父は俺が仕事に行っているとは思っていない可能性が高い。どこかで遊んで時間を潰しているんだろう的な考えしかないから、家族に対しても思いやりがないのだろう。

みんな苦しい思いをしているのだが、心のなかで我慢していちいち口に出していないだけなのにな。親父は母ちゃんの病院の送り迎えをしただけで、俺に聞こえるように「あ~疲れたー」などと言ってくるわけですよ。とにかくあてつけが酷すぎるが、話し合ってわかる人でもないので、俺は常に自分の心を封印して黙っている。

俺は親父の温かい言葉というのが、子供の頃から一回も言われたことがありません。相談相手にも全くなれるレベルではなく、今に至っている。どこの親父もこんなものなのかな・・・?