親の介護の問題

親の介護

今日から母ちゃんが癌の再発予防のための抗がん剤の投与が始まります。期間は8ヶ月間とか言ってました。その間母ちゃんの病院への送り迎えは親父がやることになるのだが、親父は面倒な表情を度々見せ、俺にあてつけのような言動も発している。親父が送り迎えができなかったら、俺が仕事を休んででもやるしかない。

親の本格的な介護の時期は近づいている

両親も70歳を過ぎているので、近い将来は親も動けなくなってくるので、俺は親の介護をすることからは避けられないだろう。弟は実家を出ているので、おそらく介護のことは頭にないと思う。俺は実家に住んでいるので、介護をする時期はじわじわと迫っていて、それは回避できない。

親の介護というよりかは、俺が親よりも先に逝ってしまう可能性だって無きにしもあらず。底辺労働は心身を蝕んていきます。俺が生きていれば親の介護はしなければならないが、俺が先に死んだ場合はどうなるのかはわからないし、そこまで考える必要もないのかなと思います。

介護をする上で

もし親の介護をしなければならない状況になってしまったら、フルタイムの非正規労働はできないと思う。親の介護ごときで仕事を頻繁に休んでいたら、会社側も契約を打ち切ってくるだろう。

介護とフルタイムの底辺非正規労働を両立させるのは時間的に無理だろう。無理やり両立させようとしても、俺自身がぶっ壊れます。

介護をしながら働くにはやはり

介護をしながら働くにはやはり、週3日くらいのバイトと個人で稼ぐネット収入というスタイルで生計を立てる手段しかない。底辺非正規労働は拘束時間も長いし、低待遇なので理にかなった働き方ではなく、単純に会社に労働力を安く切り売りしている状態にしかなっていない。

介護をするにも仕事以外の時間を増やしながらも、理にかなった働き方に切り替えていかなくては、時間と収入も足らなくなり生活破綻が起きてしまう。

俺も転職をいくつもしているが、最近転職した職場の中には、なぜか40代の従業員が少ないわけですよ。年寄りか若造しか見かけません。おそらく40代というのは親の介護をしている人が多くいて、働けなくなっている人も多いのかなと感じます。ま〜、単純に引きこもりをしている人も多いと思うが・・・。

40代というと親が動けなくなってくる時期でもあります。50代あたりにくると、親が亡くなっている人も多く、介護から開放されている人も多いのかなと思います。

今の40代は結構大変で、親の介護もあるし、就職難でまともな仕事にも就けないし、そして貧困から抜け出せない人も多い。社会からは相手にもされず、早期退職を迫られたり、リストラを食らったりと、40代はつらい状況なのだがこんな中でも戦略を立てて生きていくことはしていかないといけないし、それをしなければ死ぬことになるだろう。

俺はいろんな意味で、週3日のアルバイト+個人でネット収入を得ていくスタイルに切り替える必要があり、それができないと俺は人生詰みそうな予感はします。