週5日の底辺フルタイム労働はキツい

クリエーター

昨日は、仕事から帰ってきたら母ちゃんと親父が病院へ行っていて、夜の0時近くに帰ってきた。母ちゃんは抗がん剤の副作用に体がついていけず、吐き気が凄いらしかったらしく、寝ることもできないし水さえ一滴も飲めなくなっていて、抗がん剤投与1日目経過後、すでに体が衰弱してしまった。母ちゃんのことはまた後日記事にしていこうと思う。

マリモンがフルタイム仕事をしようとしているが・・・。

ダメ人間日記ブロガーのマリモンが週5日勤務のフルタイムの仕事をしようとしているが、俺はそれは今のマリモンには無理じゃないのかなと感じている。

とくに悪い意味ではないが、自分自身で月収10万を稼ぐ力を身に着けている人間にとって、週5日の勤務でフルタイムで働くことは苦痛にしかなりません。おそらくマリモンは週5日のフルタイム勤務をすることによって、YouTubeやブログ活動に注ぐエネルギーが制限され、それが大きなストレスとなり、精神的に悪い方向に進みそうな予感はします。

月10万のネット収入があるのならば、週3日程度の仕事を俺だったらなんとしてもやります。面接時、ネットでビジネスをしていることを伝え、副収入を得るために求人に応募させて頂いたことを告げます。本業として週3日の仕事の求人に応募してくる中年に対し、面接する方も疑問に思ってしまうかもしれないが、副収入を得るためと伝えれば、面接する方もそれほど疑問にもたないだろう。

俺ももうじき今の仕事もできなくなる可能性が大きい

母ちゃんがあまり調子が良くなくて、病院へ通わなくてはいけないし、病院まで片道1時間くらいかかるので、親父もかなり参っていて今も精神的に鬱っぽくなっている。親父がダウンしたら俺が母ちゃんの面倒を見なければならないし、そうなると今の仕事は続けることができない。

独身で実家暮らしだと、どうしても親のこともあるので働けなくなる時期ができてしまう。

最近の週5日勤務のフルタイムの仕事の求人はほぼブラックだし、心身を酷使するような業務ばかりです。親の介護をする上で、時間も体力もなくなってくるので、その労働スタイルでは続けられません。

親父は約15年前から引きこもり状態なのだが、今母ちゃんの面倒を見るのが苦痛に感じている。俺は親父が母ちゃんの面倒を見きれなくなったら、俺は仕事を辞めなければならない。

底辺労働の週5日フルタイム労働はデメリットばかり

底辺労働は基本奴隷労働なので、そこから得られるメリットは非常に少ない。最終的に心身をぶっ壊して終わりというパターンも珍しくはない。

これからの時代は、同じ職場で週5日のフルタイム労働は絶対にやめた方が良い。底辺労働をやり続けている人間からすれば、その日暮らしの収入をギリギリ得られるだけで、将来のための貯蓄もできず、心身が病んでいくだけです。派遣社員なんてものは心身が病めば、即効クビですからね。過去に強迫神経症が悪化し精神科に行ったら、次の日派遣会社の事務所に呼び出され、そこには退職届が用意されていた。「お体が良くなったらまた頑張ってください」の一言だけもらった。

極力俺は奴隷業の依存度を減らし、マリモンのようなネットで収入を得る部分を増やしていったほうが良いと思っている。マリモンはネットで収入を得ることをメインに考えたほうが絶対に良いと思う。今世の中に出回っている求人にはろくな求人なんてありませんよ。