一番悪い働き方

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

働き方

俺は現在、請負の契約社員をしており、派遣社員に極めて近い働き方はしているものの、真の派遣社員よりかはまだマシなのかもしれない。

スポンサーリンク

やはり派遣社員は奴隷

いまだにいくつかの登録している派遣会社からは、頻繁に仕事紹介の電話がかかってきます。たまに電話を取ると、今の仕事も辞め時じゃないですかと、アホなことを言ってくる派遣会社の担当もいる。

俺が派遣会社を利用するときは、だいたいお決まりのパターンがあって、応募した仕事には就くことができず、派遣の担当が別の仕事を用意して、俺はその仕事の話に乗っかって失敗しているパターンが殆どです。

要するに釣り求人に引っかかって、あとから劣悪な職場を紹介されて、その仕事をやり始めてからしまったと後悔するパターン多い。

今は応募した以外の仕事を紹介された場合は、俺はやらないようにしているし、そもそも今は派遣会社を利用したいとは思っていない。派遣会社は条件のいい仕事はやらさてくれないが、条件も悪く劣悪な環境下での仕事は、週に何回も仕事紹介の電話をかけてきます。

派遣の人材コーディネーターなんて仕事は、所詮奴隷を捕まえて劣悪な職場に押し込めて、自分らが金儲けをしているもので、決して胸を張れる仕事ではないだろう。俺は派遣の担当、いわゆる人材コーディネーターと呼ばれる人は大嫌いで、あの作り笑顔が腹が立ってしょうがない。

今の仕事もいまいち

今の仕事も契約社員として働いているが、やはり別の会社に入り込んでその会社から仕事を請け負ってやっているので、派遣社員に極めて近い状態で働いている。しかしながら、派遣社員と違って、周囲に自分と同じ会社の人間がいるということで、若干やりやすいのかなと思う。派遣社員の場合は、周囲が別の会社の人間なので、常に気を使わなければならない。

しかし、所詮底辺非正規労働者。賞与昇給もないし退職金もない。これといって手当も何もありません。このまま働いたとしても、将来は金欠苦に確実になるし、肉体労働なので今の仕事はいつまでやるかはわからない。現時点でもう体中に激痛が常に走っている状態で、限界は近いと感じている。

スキルのない人間は肉体労働しかありません。しかし老化には勝てません。肉体労働をし続けるのも限界がある。

このブログのマネタイズ

そんな底辺非正規労働者をしながら、俺はネットで収入を膨らまそうとしているが、ぶっちゃけこのブログの方向性がわからなくなっている。どんな記事を書いていって良いのかわからなくなっています。

ネットで収入を膨らませて、底辺非正規労働者から片足だけでも引っこ抜きたいのだが、今の時点では行き詰まっている感がある。

このブログを見に来ている人はどんな記事を読みたがっているのか? やはり俺の落ちぶれた日々を見たがっているのかな・・・?

底辺労働から脱出するためには、自らネット収入を得ていくしかない。今の俺にはそれ以外は思いつきません。

今の契約社員の働き方も決して良い働き方ではなく、おそらく将来後悔させる働き方だろうと思う。そんな働き方から早く脱出したいわ。

    スポンサーリンク

    フォローする