入社して1ヶ月が経過して思うこと

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

今の仕事も入社してから1ヶ月が経過しました。しかし前向きな気持にはとてもじゃないがなれません。

スポンサーリンク

底辺現場には老害がつきものです

今俺が一番精神的に苦痛を感じていることは、職場にいる老害のパワハラです。俺の場合は、パワハラを受けて精神的に参るというか、怒りを爆発させないように自分を押し殺しながら仕事を続けなければいけないことが大きな苦痛になっている。

その老害は自分が体調悪いからと言い、よく休むわ仕事時間中も自分が動けないと言い、俺を自分の手足のように振り回してきます。周囲に迷惑をかけていてるにも関わらず、常に高飛車な態度で、自分を立ててもらないとご機嫌を損ねる。昨日も俺はキレそうになったがグッとこらえた。キレれば退職しなければならんだろう。

老害は底辺職場には必ずいるし、そして会社もそれを見て見ぬ振りをして、俺のような人間に負担をかける。俺も喧嘩じみたことをやってしまったら、今の職場にはいられんだろう。

所詮底辺中年男はどぎつい仕事担当

底辺中年男はどの会社に就職しても、心身的に負担がかかる業務しか枠が空いてません。今も俺は体がきつくて、朝は体が激痛で起きるのに一苦労している。

底辺中年男が希望が持てる仕事につけないことは理解しているが、病気になる前になんとか対策はしていかなくてはいけないのかなと思います。

心身のゆとりを目指す

今の仕事は長期的に続ければ、心身の病気に確実に繋がります。おそらく会社の経営の形ができていない状態で、末端の人間をフルに使って強引に利益を引き出すスタイルになっていると感じます。そういう職場って離職率も非情に高いし、今の時代結構そういう職場が多い。

こういう職場に長くいれば、末端の人間は間違いなく体は潰すし、精神疾患にもなりかねない。

俺は今の仕事を辞めて転職したところで、また同じような職場に出くわすので、転職する意味はないだろう。無駄な労力です。こういう職場で働くことから脱出するためには、やはり自分自身でビジネスをして、多少収益を作って雇用されて働く部分を減らしていくということをしていくしかないのかなと思う。

今の働き方だと、フルタイムで心身的な苦痛を味わいながら働いても、自立できるほどの給料は得られないし、貯蓄もできないので将来に繋げられるものがない。自分の時間を安く切り売りしているだけになってしまう。

少しづつでも良いので、自分自身で雇用されずとも収入を得ることは大きくしていきたいとは思っている。ぶっちゃけ今のようなクソ人生から早く脱出したいですね。