不健康な毎日【底辺労働者の現状】

底辺労働者の現状

現時点で俺は体調がかなり悪い。しかしながら体がきつくても休めないという空気が、家でも職場でもあり、強引に出勤をしている。なんでこんな拷問みたいなことをして、生きてかなければならないのだろうと考えるが、考えたところで状況は変わらない。

現在の俺の体調

血便の方は、今朝ウンコをしたのだがウンコが便器の奥の方に沈んでしまって確認できなかった。

とにかく今は疲労感が強烈にあり、ぶっ倒れそうでぶっ倒れないので、ぶっ倒れなければ仕事に行くしかないということで、きつくなっている体を無理やり職場に持っていっている感じです。

基本俺は肉体労働なので、今の職場もしっかりした会社ではないので、かなり負担を負った働き方になってしまって、限界になっている体を更に力を振り絞って肉体労働をしているといった感じになっている。

そんな働き方をしているので、どんどんと体調が悪化していき、体重もどんどんと落ちている。

今の仕事を続けるか本気で考えています

とにかく肉体がもう辛くて持たない状況になっている。職場の人員数も少ないため、面倒な仕事は俺に振られることが多い。俺は断ることもできないので、黙ってやるしかないのだが、意識が朦朧としてくるときも度々ある。

俺を振り回しているパワハラ老害は、俺が夢中で体を動かし業務をしているとき、それをポカーンと見て、揚げ足とったり文句を言ったりしてきて、忙しくなっているときにそれをやられると、精神的に応えるし仕事がバカバカしくなってきたりもします。

もうそろそろ面接の1個や2個は受けなければならないのだが、疲労感がでかすぎて動きが取れません。次の仕事の目星がついた時点で今の仕事は辞めないと、また無職の無駄な時間を作ってしまう。

健康とは無縁の日々

最近の仕事は健康を壊すような仕事しかない。昔はこんなだったかなと感じます。34歳まで正社員で残業月100時間あるような会社で働いていたが、それなりの収入はあったってのもあるが、精神的に圧力を必要以上かけられたり、奴隷のような扱われ方はされなかったと思う。

最近はどの会社に行っても奴隷のような働き方になってしまい、職場に行くと老人と若者しかいない職場がほとんどです。間の40代くらいの中年の姿がない。今の職場にも20代の若者がいるが、顔色も悪くなってやせ細って体調崩しながら働いています。

その若者は見るからに健康状態が悪そうで、体力的にもかなり落ちているようで、俺の目からはとても20代には見えません。若者は世間を知らないから、これが社会の全てだと思い奴隷のような働き方を素直に受け入れているのだろう。

俺はすでに40代半ばなので体が悲鳴を上げている。俺が行く職場は40代は見かけない。やはり体力的に40代は持たないからいないのかなと感じる。

老人は行き場がないからそういう職場にもいるのだが、正直生産性がない。パワハラ老害も肉体労働は一切やらないし、やろうともしない。物流業務でそれが通用するのが不思議でしょうがないのだが、アホ会社だからそれが可能だのだろう。

俺は健康を目指さないと、どんどん不幸になっていきそうな予感はします。