底辺労働者は起業しか復活する道はない【底辺労働者の末路】

底辺労働者の末路

出世街道に乗っているサラリーマンは、最初から会社に自分が成長できる人生のルートが用意されている。今勤務する会社は、請負会社で別の大手の会社に入り込んでコバンザメのように仕事のおこぼれを貰いながら生き延びている会社です。その大手の会社にはエリートサラリーマンが多くいて、先日も海外研修とかいって、1年間シカゴに滞在するらしく今日日本を出発するらしい。

そういうエリート会社に、俺がいる会社が使われているので、会社自体もかなり立場が弱く、俺なんかがいくらそこで自分を追い込んで仕事をやったとしても、確実に報われることはないだろう。職場内でも完全に身分的なものが見えてしまってて、差別もされている。

俺はそんな状況を見て思ったことは、こんな場所で真面目にやってても、最後は体を壊し働けなくなって金欠状態になって餓死するだけだなと感じた。契約書を見ても、賞与昇給退職金もないし、体が働けない状態になっている場合は解雇されるようなことが書かれている。低賃金で苦痛を味わいながら仕事をしても、全く補償はない。

底辺労働者は底辺労働をただひたすらにやっていても絶対に報われない。俺は底辺労働者はやはり転職はどんどんするべきだと思う。劣悪な環境で仕事をやり続け、心身が病んで働くなっても誰も助けてはくれない。働けなくなれば単純に会社に捨てられるだけです。そして副業をしていく。

俺は今まで副業と言っても、お小遣いを稼ぐ程度の意識でやってきたが、事業を立ち上げる勢いで力を注いでいかなければいけないのかなと感じている。底辺労働者は底辺労働から脱出するには、底辺労働を頑張ってやるのではなく、底辺労働の負担を極力減らした状態で、事業を立ち上げる勢いで副業をやっていく。底辺労働者はそれをしなければ、金欠で餓死する道は避けられません。

俺もネット収入は今月は結構発生している。Amazonアソシエイトは現在6,000円ぐらいの収益が発生しているので今月末に口座に振り込まれます。Google AdSenseはかろうじて8,000円に届かなかったので、来月には口座に振り込まれるだろう。DMMアフィリエイトもギリギリ5,000円に達しておらず、来月あたりに口座に振り込まれるだろう。楽天アフィリエイトは、報酬がポイントなので発生の都度楽天証券でポイント投資をしています。

現在Twitterアカウントは4つ持っており、ツールを使ってフォロワーの管理をしている。それにより何が起こっているかといえば、Amazonアソシエイトの成果が急激に上がっている。ブログのアドセンス収入はそれほど影響は見られない。

底辺労働者は、個人ビジネスをやるしかない。それができなければ金欠で餓死する人生しか残っていない。世の中の流れに何気なく乗っかってるのではなく、自分自身で生き方を明確にしていかないと、世間に利用される底辺人間で終わってしまうだろう。